シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

オスカー最有力!サイレント映画『アーティスト』の主演俳優と助演女優を直撃!フランス人が演じるハリウッドとは?(1/2)

オスカー最有力!サイレント映画『アーティスト』の主演俳優と助演女優を直撃!フランス人が演じるハリウッドとは?
ジャン・デュジャルダン(左)、ベレニス・ベジョ(右)

 ゴールデン・グローブ賞ミュージカル・コメディ部門で最優秀映画作品賞を受賞し、これから行われるアカデミー賞では作品賞を含めた10部門にノミネートされている話題のモノクロ/サイレント映画『アーティスト』について、主演男優のジャン・デュジャルダンと助演女優のベレニス・ベジョが語った。

 同作は、サイレント時代に人気俳優として活躍していたジョージ・ヴァレンティン(ジャン・デュジャルダン)は、トーキー映画の到来で人気を失い始め落ちぶれていくが、彼を慕って映画界に入ってきたダンサー、ペピー(ベレニス・ベジョ)の助けを得て、復活を遂げていくというドラマ作品。監督は、映画『OSS 117 私を愛したカフェオーレ』のミシェル・アザナヴィシウスがメガホンを取り、ジャンとベレニスとともにアカデミー賞にもノミネートされている。さらにジャンは、カンヌ国際映画祭で男優賞を受賞している。

 サイレント映画に出演する準備に際してベレニス・ベジョは「この映画のためにたくさんのサイレント映画を観ることになって、まず驚いたことはその当時の俳優がいかにモダンであったかということなの。それと、彼らの演技は決してパントマイムのようなものではなく、それほど大げさな動きをせずに表現していたわ。そこで顔が重要になってくるとまず思ったの。だから実際にわたしは女優ジョーン・クロフォードの20代のころの作品をよく観たわ。彼女は、わたしが演じたペピーと同じ年代のころにフラッパー(1920年代にボブヘアー、ショートスカート、ジャズを聴いていた“新世代”と呼ばれた若い西部の女性をさす)で、その後サイレント映画に出演し、ゆくゆくはトーキー映画にも出演していったわ。そんなジョーン・クロフォードのエネルギーが、この役ペピーに近いと思ったわ」と語り、そのクロフォードの作品の中でも映画『グランド・ホテル』が好きだそうだ。(ちなみにこの映画はサイレント映画ではなく、トーキー初期の頃の作品)

 サイレント時代のハリウッドを再現したセットと、実際のハリウッドでの撮影について「(撮影中に)ジャンは、実際に女優メアリー・ピックフォード使用していたベッドで毎朝起きていたの。わたしたち二人は朝起きてから、車でロス・フェリズを通ってハリウッドに行き、(撮影現場のある)ワーナーやパラマウントのスタジオに向かうの。その道中は、その風景自体がキャラクターみたいに感じられたわ。だから、(フランス出身の我々は)再現されたハリウッドのスタジオの撮影現場に着いてからも、ほんの少しスタッフと英語で会話するだけで、当時のハリウッドを連想させてくれ、わたしに真実味を与えてくれて、わたし自身がこの映画の一部になることができたの」とベレニスは語った。一方ジャンは、当時のハリウッドを彷彿させるオーフィウム劇場での撮影が良かったとしている。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 映画:アーティスト The Artists ノスタルジーというより 時代の変化に立ち向かう姿が、実に現代的。 from 日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~ (2012年2月6日 23時45分)
    噂に上がっているこの映画、実はかなり懐疑的な気分だった。 「いまさら白黒サイレント映画で勝負なんて、恐ろしくノスタルジーなのでは?!」 そんな批判的気分が頭の中を満載だった(笑) ならば早々に見定めようということで、NY滞在中近くのParis theater に駆け込ん... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 1月
  4. 30日
  5. オスカー最有力!サイレント映画『アーティスト』の主演俳優と助演女優を直撃!フランス人が演じるハリウッドとは?