シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

渡辺謙が劇場マナーを守らせる!シリアスなシーンもユニークに変えた映画『はやぶさ』のマナー広告解禁

渡辺謙が劇場マナーを守らせる!シリアスなシーンもユニークに変えた映画『はやぶさ』のマナー広告解禁
ナレーション収録中の渡辺謙

 全国のT・ジョイ、丸の内TOEI、渋谷TOEIほかにて上映される映画『はやぶさ 遥かなる帰還』仕様のマナー広告が解禁された。渡辺謙が主演を務める本作は、2010年6月、小惑星「イトカワ」から微粒子を持ち帰るという偉業を成し遂げた小惑星探査機「はやぶさ」に携わった男たちの真実の物語を描いた作品。シリアスなシーンもユニークに“利用”したマナー広告は、映画とは一味違った魅力に満ちている。

 地球の上を航海する「はやぶさ」をバックに、「はやぶさ 遥かなる帰還 劇場マナーを守らせる男たち」というタイトルが表示され始まる“はやぶさ仕様のマナー広告”。小澤征悦演じる鎌田悦也が、オーストラリアのウーメラ砂漠に帰還したカプセルを見つけ出し、「あっ!」と叫んだはずのシーンでは、そこで映し出されたカンガルーに着目。すかさず渡辺演じる山口駿一郎教授の「ペットの持ち込みは禁止されています」というナレーションが入る。

 吉岡秀隆演じる森内安夫がワインを飲めば、「劇場内でお酒の飲み過ぎはいけないな」、森内と江口洋介演じる藤中仁志が激突するシーンでは、「喧嘩しない」と山口教授。最後は不意に携帯電話がなってしまう山口教授に、自ら「映画が始まる前に携帯電話は切っておいた方がいいよね?」と注意する。

 このマナー広告のために、ナレーション収録を行った渡辺は、初めてこの映像を観たとき、笑いすぎて映像を注視できなかったことを明かしている。小惑星探査機「はやぶさ」に精力を注いだ男たちの静かな闘志を忠実に描いた『はやぶさ 遥かなる帰還』。本作を、また違った視点で楽しめるこのマナー広告も、一度は劇場で目にしておきたいところだ。(編集部・島村幸恵)

映画『はやぶさ 遥かなる帰還』は2月11日より全国公開
ナレーション収録の裏側はシネマトゥデイにて連載中の「密着・渡辺謙 ~はやぶさ航海日誌~」にて掲載


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 1月
  4. 30日
  5. 渡辺謙が劇場マナーを守らせる!シリアスなシーンもユニークに変えた映画『はやぶさ』のマナー広告解禁