シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

デヴィッド・フィンチャー監督、アカデミー賞候補の主演女優と来日!菜々緒、リスベット衣装で現れ女優業に意欲みせる

デヴィッド・フィンチャー監督、アカデミー賞候補の主演女優と来日!菜々緒、リスベット衣装で現れ女優業に意欲みせる
ルーニー・マーラ、デヴィッド・フィンチャー監督、菜々緒

 30日、千代田区にある東京国際フォーラムで、映画『ドラゴン・タトゥーの女』のジャパンプレミアが開催され、メガホンを取ったデヴィッド・フィンチャー監督と主演女優で、先日アカデミー賞にもノミネートされたルーニー・マーラ、そしてモデルの菜々緒らが登壇した。

 全世界で6,500万部を売り上げた大ヒット小説の映画化、そして数々の名作を手掛けるフィンチャー監督の登場とあって、会場にはたくさんの観客が駆けつけたこの日。ショーは水墨画家の小林東雲さんがステージ上に立てられたパネルに巨大な龍を描くパフォーマンスでスタートした。

 そして、小林さんが龍を描く後ろから、菜々緒が主人公リスベットにふんして登場。菜々緒はファッションショーさながらに花道を歩いてダンスパフォーマンスを行い、その後、フィンチャー監督とルーニーもやはりスクリーン前に設けられた赤じゅうたんの花道を歩いて堂々とステージに上がった。

 この原作の映画化について質問されたフィンチャー監督は「ベストセラーになったから映画化しただけさ」とおどけながらも、「作品内の二人の主人公に惹(ひ)かれたから」とコメント。リスベット役を誰にするかで随分と悩んだそうだが、マーラを選んだ理由について「見ればわかるだろう。彼女がパーフェクトだったんだ」とその演技を讃える。また、マーラが主人公を演じるにあたって自分と似ているところがあるかという質問に戸惑っていると、「シャイなところが自分と似ている」と横から発言するなど、愛きょうたっぷりに映画をPRしていた。

 一方、迫力のダンスを披露し、客席からの視線を集めた菜々緒は「主人公の年齢が自分と同じで感情移入できた。監督はさすが名作をたくさん作っている人で期待を裏切らないと思った。自分もいずれ女優に挑戦してみたい。悪役にも挑戦したい」とコメント。女優業への意欲をのぞかせた。(取材・文 名鹿祥史)

映画『ドラゴン・タトゥーの女』は2月10日よりTOHOシネマズ日劇ほか全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 1月
  4. 30日
  5. デヴィッド・フィンチャー監督、アカデミー賞候補の主演女優と来日!菜々緒、リスベット衣装で現れ女優業に意欲みせる