シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

篠田麻里子、吹き替え初挑戦ハリウッド映画のスポットに登場! 人間の成長が止まった世界に「ちょっとうらやましい」

篠田麻里子、吹き替え初挑戦ハリウッド映画のスポットに登場! 人間の成長が止まった世界に「ちょっとうらやましい」
篠田麻里子、日本語吹き替え初挑戦!ハリウッド映画のスポット映像に登場! - (C) 2011 TWENTIETH CENTURY FOX

 ジャスティン・ティンバーレイク主演の近未来SF『TIME/タイム』から、ハリウッド映画の日本語吹き替えに初挑戦した、AKB48篠田麻里子のメッセージ付きスポット映像が公開された。篠田が、「全ての人類は25歳で成長が止まる」がキーワードの本作について「ちょっとうらやましい」など思いを語る映像となっている。

 公開されたのは、2月11日より全国でオンエアされているテレビスポット映像。人類の成長が止まった世界が舞台の本作について、篠田が「ちょっとうらやましい設定でもあり、現実にもあるのかなと思うような世界で、すごく楽しかった」と語る様子が、本編映像と共に紹介される。

 篠田は、「全ての人類は25歳で成長が止まる」がキーワードの本作にちなみ「今最も輝く25歳」として、ハリウッド映画の日本語吹き替えに初挑戦。アマンダ・セイフライド演じるヒロインを演じたアフレコ収録について、「とても緊張して何度も録(と)り直しましたが、作品を邪魔しない声になっていると思います。ぜひ楽しみにしていてください」と控えめながらも自信をのぞかせるコメント。篠田の新たな一面に期待が高まる。

 本作は、科学技術の発達によって、人類の成長が25歳で止まった社会が舞台のサスペンス・アクション。時間が通貨となり、裕福な者はほぼ永遠に生き、貧しい者は寿命のために働き続ける、究極の格差社会となった世界をめぐる陰謀に巻き込まれた青年ウィル(ジャスティン)とシルビア(アマンダ)の逃避行を、『ガタカ』の鬼才アンドリュー・ニコル監督がスリリングに描き出す。(編集部・入倉功一)

映画『TIME/タイム』は2月17日よりTOHOシネマズ 日劇ほか全国公開


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 2月
  4. 13日
  5. 篠田麻里子、吹き替え初挑戦ハリウッド映画のスポットに登場! 人間の成長が止まった世界に「ちょっとうらやましい」