シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

肺血栓で入院したマライア・キャリーの夫ニック・キャノン ラジオのレギュラー番組を降板

肺血栓で入院したマライア・キャリーの夫ニック・キャノン ラジオのレギュラー番組を降板
スーパーマンだって休息が必要さ! - マライア・キャリーと夫ニック・キャノンと双子ちゃん - Fresh Air Fund / WireImage / Getty Images

 先週、肺血栓のため入院したマライア・キャリーの夫ニック・キャノンが、仕事を減らすよう医師に言われ、ラジオのレギュラー番組を降板した。

 31歳のニックは、今年初めに腎不全で入院するなど、体調が芳しくない。「医師のアドバイスにより、健康を第一に考え、体を休めるために仕事を減らすことにしました。CBSラジオ92.3NOWのモーニングショーのチームとの仕事はとても楽しかった。彼らの変わらないサポートに感謝します」とラジオ番組のスタッフへの感謝のコメントを自身のホームページに掲載している。

 また、「ほろ苦い朝だ。ラジオ番組をやめなければいけないことになった。ドクターストップをかけられた。肺に血栓が見つかって、もっとスローな生活を送り、仕事をやめないと人生に幕が下りると言われたよ! 一生、時速200マイルでは走り続けられないってことだね。クルーズコントロールに切り替えるときだ。スーパーマンだって睡眠が必要なんだから!」とニックはツイートしている。(BANG Media International)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 2月
  4. 21日
  5. 肺血栓で入院したマライア・キャリーの夫ニック・キャノン ラジオのレギュラー番組を降板