シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

アカデミー協会、授賞式後に過去作15本のオスカー像をオークションへ

アカデミー協会、授賞式後に過去作15本のオスカー像をオークションへ
オスカー像を手に入れるチャンス? - (C) A.M.P.A.S.

 映画芸術科学アカデミーが、第84回アカデミー賞授賞式の2日後の2月28日に、過去にアカデミー賞を受賞した映画のオスカー像15本をオークションにかけることになった。

 オスカー像は、その保護のため1950年以降、受賞者がアカデミー協会に対してのみ1ドルで売り戻すことができる旨の合意書にサインをすることになっている。英BBCによると、今回売りに出されるのはアカデミーが所有している15作品のオスカー像で、1939年の映画『嵐が丘』、1946年の『我等の生涯の最良の年』などの像が含まれているそう。15本もののオスカー像が一度にオークションにかけられるのは初めてのことで、オークションハウスのネイト・D・サンダースは、すべて売却されれば200万ドル(約1億6000万円)ほどの収益となると見込んでいる。

 オスカー像のオークションは、2011年11月に映画『市民ケーン』でオリジナル脚本賞を受賞したオーソン・ウェルズのオスカー像がオークションにかけられ、86万ドル(約6900万円)で落札された。また1999年には、映画『風と共に去りぬ』の作品賞のオスカー像を故マイケル・ジャクソンが150万ドル(約1億2000万円)で落札した。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 2月
  4. 23日
  5. アカデミー協会、授賞式後に過去作15本のオスカー像をオークションへ