シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

清純派女優・寺島咲、禁じられた恋に落ちる役にわれを忘れ「メラメラきた」

清純派女優・寺島咲、禁じられた恋に落ちる役にわれを忘れ「メラメラきた」
寺島咲

 2004年に映画『理由』でタッグを組んだ大林宣彦監督の「秘蔵っ子」と称される清純派女優・寺島咲が、ヒロインを務めた最新映画『私の叔父さん』で描かれる禁じられた恋について語った。

 直木賞作家・連城三紀彦の同名小説を、高橋克典主演で映画化した『私の叔父さん』は、叔父とめいでありながら、互いへの思いを抑えきれない二人が紡ぐ切ない愛の物語。繰り広げられる男女の駆け引きと、意外な結末が驚きと共に胸を打つ。

 寺島が演じる夕季子は、東京でカメラマン修行をする叔父を訪ねて上京し、積極的に恋心を伝えていく役柄だ。「わたしは夕季子のように叔父さんを好きになったとしても、現実的に考えちゃってかなえようとしないと思います」と自分を分析する寺島。それでも、「好きな人が叔父さんのようなだらしない人でも、良いところがあればそれだけでいちずに好きになるのかもしれません」と笑顔を見せ、役柄との共通点をのぞかせた。

 そんな発言を裏付けるかのように、叔父さんと恋仲にある女性と鉢合わせするシーンでは、意外なほど感情移入してしまったのだそう。「叔父さんと自分だけの空間だと思っていたところに、ほかの女の人が入ってきたときは、メラメラくるものがありました。疑似体験じゃないですけど、カーッときました」とはにかんだ。

 そして、驚くのは、ラストで叔父さんが取るとある行動だ。「最初は『えーっ、そうなるんだ!?』と思いました。けじめをつけたのかもしれないけど、『それでいいのかな』って」と当初は戸惑ったことを告白する寺島だが、高橋の演技を見ているうちにすっかり共感してしまったそう。「決意した高橋さんの表情を見て、納得しました。その表情から本当にいろいろな思いが伝わってくるんですよ」と力説した。

 愛し合っていても、報われない恋がある。それ故に、本音と違う言葉や行動で、相手を欺かなくてはならないこともある。寺島が「自信を持って観てもらいたいと言える作品」と言う通り、本作は、男女の切ない駆け引きを、見事に描いた作品に仕上がっている。(肥沼和之)

映画『私の叔父さん』は3月3日より九州先行公開の後、4月7日より銀座シネパトス、新宿K's cinema、立川シネマシティほかにて全国順次公開
3月3日、4日には高橋克典、寺島咲、細野辰興監督による九州横断(福岡、大分、熊本、鹿児島)舞台あいさつを敢行※詳細は映画オフィシャルサイトに掲載


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 2月
  4. 24日
  5. 清純派女優・寺島咲、禁じられた恋に落ちる役にわれを忘れ「メラメラきた」