シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

巨匠スタンリー・キューブリックの初の長編作品『恐怖と欲望』が、ニューヨークのリンカーン・センターで上映決定!

巨匠スタンリー・キューブリックの初の長編作品『恐怖と欲望』が、ニューヨークのリンカーン・センターで上映決定!
スタンリー・キューブリック監督 - Getty Images

 映画『2001年宇宙の旅』や『時計じかけのオレンジ』などで映画界に多大な影響を与えてきた巨匠スタンリー・キューブリックの初の長編作品『恐怖と欲望 / Fear and Desire』が、ニューヨークのリンカーン・センターで上映されることが明らかになった。

 これは、ニューヨークにあるザ・フィルム・ソサイエティ・オブ・リンカーン・センターと近代美術館で開催される“ニュー・ディレクター/ニュー・フィルムズ”というイベントで、新人監督に焦点を当て、今回は世界28か国から出展された29作の長編と12作の短編が上映されることになっている。

 今回、そんな多くの新人作品が選択される中で、同イベントを盛り上げるために上映することが決まったのが、この1953年に制作された『恐怖と欲望 / Fear and Desire』で、完璧主義を誇るスタンリー・キューブリック自身が、同作をアマチュアの仕事として後に評価していたために、その多くのフィルム・プリントを封印してしまったという曰く付きの作品ではあるが、今回は唯一残っているコダック・アーカイヴのフィルムが上映されることになったようだ。

 そのストーリーは、部隊が攻撃され4人生き残った兵士たちが、安全な場所へ移動しようとするが、その道中で女性と出会ってしまったことで、複雑な状況に陥っていくという反戦を描いた作品。映画『ハリーとトント』や『結婚しない女』などでおなじみのポール・マザースキー監督が俳優として出演している作品でもある。

 今年で41回目を迎える同イベントは3月21日~4月1日まで行われることになっている。ぜひ、スタンリー・キューブリックの初の長編作品を、大きなスクリーンで観てみたいものである。 (細木信宏/Nobuhiro Hosoki)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 2月
  4. 25日
  5. 巨匠スタンリー・キューブリックの初の長編作品『恐怖と欲望』が、ニューヨークのリンカーン・センターで上映決定!