シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

アカデミー賞主要部門をズバリ予想!作品賞は9割が『アーティスト』!-映画専門サイト シネマトゥデイ【第84回アカデミー賞】(1/2)

アカデミー賞主要部門をズバリ予想!作品賞は9割が『アーティスト』!-映画専門サイト シネマトゥデイ
やはり大本命の『アーティスト』 - (C) La Petite Reine - Studio 37 - La Classe Americaine - JD Prod - France 3 Cinema - Jouror Productions - uFilm

 いよいよ2月27日(日本時間)に開催される第84回アカデミー賞の主要部門である作品賞、監督賞、主演男優賞、主演女優賞、助演男優賞、助演女優賞を映画専門サイト、シネマトゥデイの執筆陣が予想してみた。毎年、パーフェクトに言い当てる映画ライターを必ず一人は輩出しているこのコーナー、今年もだれか全勝しているはずだ。

■シネマトゥデイの予想
作品賞にノミネートされた作品はどれも一流の脚本、物語構成、役者陣、そして画。特に映像はどの作品もすばらしい。モノクロ映画である『アーティスト』もまるで1カットごとがポスターになるかような完成度の高さだ。その年の300本以上もある映画の中から選ばれた10本はやはり最高峰であることは違いない。ということは、ここまでくると作品の善し悪しというより選ぶ人の好み。先日ロサンゼルス・タイムズ紙が調べたところによると、アカデミー賞の投票者である映画芸術科学アカデミー(A.M.P.A.S.)会員は94パーセントが白人&77パーセントが男性で平均年齢は62歳だとか。その人たちの好みからいうと、年老いていく男優が若い女に助けられる「男の夢物語」を体現した『アーティスト』はまさに会員のおじさまの心をぐっとつかみそう。ジョージ・クルーニーの役がらもリアルな心情が共感を呼びそうだ。ただ、自分たちが白人ばかりだということがバレてしまったから人種差別が露骨に表現されている映画『ヘルプ ~心がつなぐストーリー~』のヴィオラ・デイヴィスは選んでおかなくっちゃな……という心理が働いて、選ばれる可能性大。

作品賞:『アーティスト』、監督賞:マーティン・スコセッシ、主演男優賞:ジョージ・クルーニー、主演女優賞:ヴィオラ・デイヴィス、助演男優賞:クリストファー・プラマー、助演女優賞:オクタヴィア・スペンサー

■斉藤博昭の予想
今年は多くの部門が本命不在で、「取るだろう」と「取ってほしい」の両面で予想。作品賞は『アーティスト』と『ヒューゴの不思議な発明』の“映画愛”対決が見もので、共に映画創成期を扱いつつ、前者が映画の原点を描いているのに対し、後者は3Dで映画の未来を切り開いている。アカデミー会員がどっちを選ぶのか興味津々。作品としては『アーティスト』の方がまとまっているが、3Dで商売したいハリウッドにとっては……と皮算用が働く気もする。というわけで、個人的イチオシの『ファミリー・ツリー』は泣く泣く監督賞に。演技部門も苦渋の選択で、本当は主演男優賞をクルーニーかブラピにあげて授賞式を盛り上げてもらいたいが、当確のプラマーを中心に予想したら、この四人が並ぶ絵柄がバランスよくてアカデミー賞らしいと勝手な思い込み。最大の楽しみは、ビリー・クリスタルのオープニング。9作品、歌って踊るのか!?


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「ブログでアカデミー賞を10倍楽しむ法 オスカー受賞者大予想!」 from 日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~ (2012年2月26日 11時21分)
    去年は、「英国王のスピーチ」 vs 「ソーシャル・ネットワーク」の一騎打ちの様相が強かった。 当ブログ的には、「ソーシャル・ネットワーク」のタイムリー性に軍配を上げたので、かなりスプリットする傾向の予想をしたのだけれど、「英国王のスピーチ」が圧勝し、アカ... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 2月
  4. 24日
  5. アカデミー賞主要部門をズバリ予想!作品賞は9割が『アーティスト』!-映画専門サイト シネマトゥデイ