シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

オークションにかけられた15体のオスカー像、合計約2億4000万円で落札

オークションにかけられた15体のオスカー像、合計約2億4000万円で落札
自分で獲得してこそ、意味があるような気がしますが…… - (C) A.M.P.A.S.

 第84回アカデミー賞授賞式からわずか2日後の2月28日(現地時間)、15体のオスカー像がオークションにかけられ合計約300万ドル(約2億4000万円)で競り落とされたことがわかった。

 英BBCによると、今回の最高落札額はハーマン・J・マンキウィッツが映画『市民ケーン』で受賞した脚本賞のオスカー像の588,455ドル(約4708万円)。次いで高額になったのは、332,165ドル(約2657万円)で落札された映画『大帝国行進曲』が獲得した作品賞のオスカー像である。

 通常オスカー像の売買は禁止されており、1999年には故マイケル・ジャクソンさんが映画『風と共に去りぬ』の作品賞のオスカー像を150万ドル(約1億2000万円)で落札したのにもかかわらずアカデミー協会にたった1ドル(約80円)で買い戻されてしまうという出来事もあった。(1ドル80円計算)

 しかし今回オークションにかけられた15体のオスカー像は売買禁止のルールが制定された1950年以前のものであるためこのルールに接触せず、落札者の手元に留まることになるようだ。(編集部・市川遥)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 3月
  4. 1日
  5. オークションにかけられた15体のオスカー像、合計約2億4000万円で落札