シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ダーレン・アロノフスキー監督の新作『ノア』、ラッセル・クロウが出演交渉中

ダーレン・アロノフスキー監督の新作『ノア』、ラッセル・クロウが出演交渉中
かなりたくましい「ノア」です - ラッセル・クロウ - Vera Anderson / Getty Images

 映画『ブラック・スワン』のダーレン・アロノフスキー監督が企画している「ノアの方舟」物語を基にした『ノア(原題)/ Noah』の出演交渉に、ラッセル・クロウが正式に参加していることが明らかになった。

 バラエティーによると、7月の撮影開始を目指し、アロノフスキー監督とラッセル・クロウの両陣営が現在活発な交渉を行っているとのこと。先日、アロノフスキー監督が本作の主役にラッセル・クロウを希望していると報じられたばかりだが、ラッセルが主役を演じる可能性がさらに高くなってきた。

 アロノフスキー監督が描く主人公ノアは、地球と動物たちを愛しており、人間が地球を扱う方法に幻滅している男になるようだ。アロノフスキーと『ブラック・スワン』で製作総指揮を務めたアリ・ハンデルが脚本を担当し、『ヒューゴの不思議な発明』のジョン・ローガンが脚色を務める。

 総製作費は1億3,000万ドル(約104億円・1ドル80円計算)とも言われる本作。洪水のシーンなど、VFXを駆使した映像のみならず、数々の賞レースを賑わせた作品にたずさわってきた映画人たちが描くストーリーを、どんな役者が演じることになるのかにも注目したい。(編集部・市川遥)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 3月
  4. 4日
  5. ダーレン・アロノフスキー監督の新作『ノア』、ラッセル・クロウが出演交渉中