シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

AKB北原里英、前田敦子卒業に「かっこよかった」と思いを吐露!「わたしはこれまで通り、後ろの方で踊っていたい」

AKB北原里英、前田敦子卒業に「かっこよかった」と思いを吐露!「わたしはこれまで通り、後ろの方で踊っていたい」
前田卒業への思いを明かしたAKB48北原里英とAKB風? な表情の津田寛治

 第4回沖縄国際映画祭に出品されている映画『グラッフリーター 刀牙(トキ)』に出演するAKB48の北原里英と津田寛治がインタビューに応じ、北原が卒業を発表した前田敦子への思いを語った。

 これまで何本もの映画・ドラマに出演してきた津田だが、AKBメンバーとの共演は今回が初めて。「僕、モー娘。の女の子とは共演したことがあるんですが、現場で一生懸命振り付けの練習をしていたんですよね。おれらが作品掛け持つのとは訳が違うなと。北原さんもハードできつい現場だったにも関わらず、ニコニコ一生懸命仕事されていて、すてきだなあと感心しちゃいました」と北原を絶賛。

 さいたまスーパーアリーナでの公演を終えて沖縄入りしたという北原は、全国を駆け巡った前田の卒業についてのニュースに、「あっちゃんはずっと先頭を走ってきた人だから、正直いまだに信じられません。わたしもいつかは独り立ちしなくちゃなとは思うんですが、まだ卒業は考えたことがない。今のAKBから抜けて独り立ちするのってすごく怖いことだと思うので、あっちゃんはかっこいいなとも思いました。」と旅立つ仲間への思いを明かした。

 前田の話題に、急に寂しそうな表情になった北原だったが、津田の「ところで、つんく♂さんってどんな人?」という質問に大爆笑。「秋元康さんですよ~!」と笑顔でツッコみ、「津田さんは本当に優しい方。現場でもいつも緊張をほぐしてくれたんです」と楽しそうに撮影を振り返る。また、前田卒業後、センターを狙いたいかと聞かれ「今のポジションに誇りを持っているので、今まで通り後ろの方で踊っていたい」と答えた北原を、津田は大絶賛。「その気持ちはすごく大事。センターだけがAKBじゃないでしょ? 周りがいてこそなんだから、北原さんみたいにわたしが周りで引き立てるよっていう子がいないと成り立たない。脇がちゃんと固めていって、初めて主役が成り立つ。だから僕も脇役が好き。その気持ちは分かりますね」と脇役への思いを熱く語った。

 自ら北野武監督に売り込み、『ソナチネ』出演のチャンスをつかんだという津田のエピソードに感動したという北原は、「いつか中島哲也監督の作品に出たいんです!」と夢を告白。「企画書とか書いてみればいいよ!」と津田がアドバイスすると、「やってみます!」と笑顔で意気込みを語っていた。「僕も組んでみたい監督はたくさんいるんです!」という津田も「石井裕也監督のように若手監督とも一緒に仕事がしてみたい」とラブコールを送った。(編集部:森田真帆)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 3月
  4. 27日
  5. AKB北原里英、前田敦子卒業に「かっこよかった」と思いを吐露!「わたしはこれまで通り、後ろの方で踊っていたい」