シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

映画館大賞2012は、米アカデミー賞受賞作が席巻!!1位はナタリー・ポートマン『ブラック・スワン』

映画館大賞2012は、米アカデミー賞受賞作が席巻!!1位はナタリー・ポートマン『ブラック・スワン』
1位に輝いた映画『ブラック・スワン』はブルーレイ(税込み:2,500円)が20世紀フォックスホームエンターテイメントより発売中 - (C) 2012 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

 31日、映画館大賞2012が発表され、ナタリー・ポートマン主演の映画『ブラック・スワン』が、1位に輝いたことが明らかになった。

 2010年12月から2011年11月末日までの公開作品を対象に、全国128館の独立系映画館が投票して選定した映画館大賞2012。2位にコリン・ファース主演の映画『英国王のスピーチ』、7位にジェシー・アイゼンバーグ主演の映画『ソーシャル・ネットワーク』と2011年に開催された第83回アカデミー賞をにぎわせた作品が名を連ねた。

 1位に輝いた『ブラック・スワン』は、大役に抜てきされた内気なバレリーナが、その重圧から精神的に崩壊していくさまを、圧倒的な描写で表現した作品。特別部門「あの人の1本」の選定員に選ばれた三人の中で、映画『フラガール』『悪人』の李相日監督、劇画家、声楽家の池田理代子氏の二人が、自身の1本にも『ブラック・スワン』を選定した。

 映画館スタッフが、洋画、邦画、メジャー、インディペンデント、自館での上映の有無を問わず、純粋に映画ファンに観てもらいたい作品を選定することで、興行成績ランキングとはまったく違う、粒ぞろいの映画が名を連ねる同賞。その証拠に、知名度の高い俳優がほとんど出ていないにもかかわらずその内容から話題を呼んだ映画『キック・アス』やロマン・ポランスキー監督の映画『ゴーストライター』もトップ10以内にランクイン。11位以下にも、映画『モテキ』『海炭市叙景』『一枚のハガキ』と2011年に公開された名作が並んだ。(編集部・島村幸恵)

なお、映画館大賞2012ベストテンは以下のとおり。

1位『ブラック・スワン』
2位『英国王のスピーチ』
3位『冷たい熱帯魚』
4位『大鹿村騒動記』
5位『八日目の蝉』
6位『キック・アス』
7位『ソーシャル・ネットワーク』
8位『ステキな金縛り』
9位『ゴーストライター』
10位『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 3月
  4. 31日
  5. 映画館大賞2012は、米アカデミー賞受賞作が席巻!!1位はナタリー・ポートマン『ブラック・スワン』