シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

水谷豊、安田成美との夫婦役実現は木梨憲武のおかげ!友人として初めて感謝

水谷豊、安田成美との夫婦役実現は木梨憲武のおかげ!友人として初めて感謝
夫婦役を務めた水谷豊&安田成美

 12日、丸の内TOEIにて映画『HOME 愛しの座敷わらし』の完成披露試写会が行われ、本作で安田成美の夫役を務めた水谷豊が、安田の出演を後押ししたという実の夫・木梨憲武に感謝の言葉を述べた。

 水谷、安田のほか、この日の舞台あいさつに登壇した濱田龍臣、橋本愛、草笛光子が出演し、荻原浩の小説を原作に、和泉聖治監督がメガホンを取った本作は、東北・岩手の大自然を舞台にバラバラになった家族のきずなと再生を描いた作品。

 水谷は、妻役について、「安田さんだったらいいなって思っていましたけどこればっかりは拒否権もありますからね。でも僕、憲武と付き合いが長いんですが、憲武が成美さんに『これ豊さんだよ、やるよね?』って後押ししくれて、憲武に初めて感謝しました(笑)」とユーモアたっぷりにコメントした。

 水谷と初共演で妻を演じた安田は「もっと現場は厳しくて大変かと思っていたら、自由にやらせていただいて本当に楽しかったです。撮影の合間も常に笑わせていただきました」とにっこり。水谷と安田の長男役の濱田も「撮影の合間、水谷さんが盛り上げてくださって、お父さんが水谷さんで楽しかった」と話し、長女役の橋本も「テレビや映画で拝見させていただいていて、お会いできるだけでうれしかったし、どんな人か不安だったけど気さくでとても良かったです」と笑顔を見せた。

 また、そんなほほ笑ましい一家の中で認知症の祖母を演じた草笛は、「お話を受けて原作を読んでいるうちに認知症の役だとわかりました。そういうことを、わたしに一言も教えてくださらなかった」と直にオファーをしたという水谷にチクリ。撮影中、水谷に「そのまんまでいいから、何もやんなくていい」と言われたことを明かし、「わたしの天然ボケをこんなふうに……」と旧知の仲だからこそのユーモアで撮影時のエピソードを語り、観客の笑いを誘っていた。

 『HOME 愛しの座敷わらし』は、東京から岩手の古民家へ引っ越すことになった一家が、その家に宿る座敷わらしに導かれ、家族のきずなを取り戻していくさまを、ユーモアかつ温かに描いた作品。(取材・文:中村好伸)

映画『HOME 愛しの座敷わらし』は4月28日公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 4月
  4. 12日
  5. 水谷豊、安田成美との夫婦役実現は木梨憲武のおかげ!友人として初めて感謝