シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ザ・ビー・ジーズのロビン・ギブ、肺炎で昏睡状態に 昨年がん克服も

ザ・ビー・ジーズのロビン・ギブ、肺炎で昏睡状態に 昨年がん克服も
昏睡状態に陥ったと発表されたロビン・ギブ - Ralf Juergens / Getty Images

 肝臓がんから回復したと報告していたザ・ビー・ジーズのロビン・ギブが昏睡(こんすい)状態に陥っていることが明らかになった。オフィシャルサイトでは肺炎が原因だと発表されている。

 ロビンの病状が一部で報道されたのは、現地時間14日昼。それを受け、ロビン側は「悲しいことに、ロビンが肺炎にかかり、現在昏睡(こんすい)状態にあるという報道は事実です。彼が回復することを祈りましょう」とのコメントをオフィシャルサイトに掲載した。

 現在、オフィシャルサイトにはアクセスが集中しているため、最新情報はロビンのFacebookページで随時報告されるという。

 ロビンは昨年、肝臓がんであることを告白。その後回復をアピールしたものの、先月には腸の血栓を取り除くために緊急手術を受けたと発表。今月10日に予定されていたイベント出演をキャンセルしていた。(編集部・福田麗)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 4月
  4. 16日
  5. ザ・ビー・ジーズのロビン・ギブ、肺炎で昏睡状態に 昨年がん克服も