シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

池田小事件がモチーフ…「洗脳」で人を殺せるのか? 衝撃的過ぎる映画『僕は人を殺しました』公開決定

池田小事件がモチーフ…「洗脳」で人を殺せるのか? 衝撃的過ぎる映画『僕は人を殺しました』公開決定
映画『僕は人を殺しました』より

 実際の事件をモチーフに殺人を衝撃的に描いた映画『僕は人を殺しました』が、5月19日より公開されることが決まった。監督は新進気鋭の坂井田俊。本作は坂井田にとって初めての長編作品となる。

 世の中を震撼させた無差別殺傷事件である附属池田小事件の宅間守と、北九州監禁殺人事件の松永太をモチーフにした『僕は人を殺しました』。2人の男が一般男性を拉致・監禁し、殺害するまでをほぼセリフなしで描き切った作品だ。ストーリーには「洗脳」が複雑に絡み合っており、男を拉致し斧で殺すよう洗脳された人間、殺されることに必死で抵抗する男、他人を操って殺人を犯そうとする男の関係性を浮かび上がらせる。

 公開されている予告編は緊迫感に満ちており、馬乗りになった下の男が脚をバタつかせもがく姿や、脚が床にぶつかる音のみが不気味に響く。最後には「必ず殺せる」の赤文字が……。前作『悪魔がきた』が国内外の映画祭で上映され、高評価を得た坂井田監督ならではのこだわりが詰まった映画に仕上がっている。出演は『死刑台のエレベーター』などの川瀬陽太ら。(編集部・小松芙未)

映画『僕は人を殺しました』は5月19日より下北沢トリウッドで公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 4月
  4. 24日
  5. 池田小事件がモチーフ…「洗脳」で人を殺せるのか? 衝撃的過ぎる映画『僕は人を殺しました』公開決定