シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ディカプリオ、映画史上最悪の極悪人に!? タランティーノ監督とタッグを組んだ最新西部劇のカット公開!

ディカプリオ、映画史上最悪の極悪人に!? タランティーノ監督とタッグを組んだ最新西部劇のカット公開!
その金づちは何に使うつもりですか~!? 極悪人に挑戦するディカプリオ

 レオナルド・ディカプリオとクエンティン・タランティーノ監督がタッグを組んだ西部劇『ジャンゴ 繋がれざる者』から、劇中のカットが初公開された。タランティーノ監督が「映画史上まったく存在しなかった」という極悪人に挑んだディカプリオの、不適な笑みに期待が高まるスチールとなっている。

 本作は、奴隷制が敷かれていた1859年のアメリカ南部を舞台にした西部劇。奴隷の身分から解放された主人公ジャンゴ(ジェイミー・フォックス)が、賞金稼ぎのシュルツ(クリストフ・ヴァルツ)と共にお尋ね者を捕まえながら、別れた妻を救おうとする姿を描く。ディカプリオは、その妻を奴隷にしている、大農園の領主を演じる。

 その悪党ぶりは、タランティーノ監督いわく「レオがやっているこの役は、ほかに比べられるものはないね。なぜならこのキャラクターは、映画史上まったく存在しなかったものだからだよ。レオ史上でも間違いなくね」とのこと。女性の敵のような性格で、ヒゲ面にタバコをくわえ不敵な笑みと、どハデな衣装がいかにも凶悪そう。手にした金づちが余計恐ろしさを増している。

 そのディカプリオの背後には、なぜか大きなリボンを着けた、メイド服姿の黒人女性の姿も。何故西部劇にメイド喫茶のようなメイド服が? と疑問がわき、映画全体に漂うハチャメチャぶりにも期待が高まる。また、そのディカプリオを相手にするジェイミーとクリストフの姿も公開。奴隷制の下における黒人と白人という、異色のコンビの活躍が楽しみになってくる。

 タイトルにある「ジャンゴ」から想起されるのは、セルジオ・コルブッチ監督が手掛けたマカロニ・ウエスタンの代表作『続・荒野の用心棒』(原題:ジャンゴ)。現実離れした演出と乾いた映像、残酷な暴力が入り乱れる作品を背景に、タランティーノ監督がどんな強烈なバイオレンスを描くのか。(編集部・入倉功一)

映画『ジャンゴ 繋がれざる者』は2013年3月 丸の内ピカデリーほか全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 4月
  4. 27日
  5. ディカプリオ、映画史上最悪の極悪人に!? タランティーノ監督とタッグを組んだ最新西部劇のカット公開!