シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

水谷豊、右京刑事とはイメージが違う父親役に「あれも僕、これも僕」

水谷豊、右京刑事とはイメージが違う父親役に「あれも僕、これも僕」
右京刑事から見事普通の父親役に転身した水谷豊

 28日、丸の内TOEI1で『HOME 愛しの座敷わらし』が初日を迎え、本作で家族を演じた水谷豊、安田成美、濱田龍臣、橋本愛、草笛光子、そして本作のメガホンをとった和泉聖治監督が舞台あいさつに登壇した。

 東京から岩手の古民家へ引っ越すことになった一家が、その家に宿る座敷わらしに導かれ、家族のきずなを取り戻していくさまを描く本作。満員の客席を前に登場した水谷は、「サンキュ!」と会場に呼びかけ歓声を集めた。

 そんな水谷の近年のイメージといえば、「相棒」シリーズの右京刑事のスマートさの印象が強いが、本作では家族のために奮闘努力するものの、どこか空回りしてしまう父親像を熱演している。「あれも僕、これも僕だなと。途中から自分を演じているような気がしてきましてね。他人とは思えないような気がしていました」と水谷が切り出すと妻役の安田も「確かにテレビの右京さんのイメージは強かったですけど、初日からすんなりと(主人公の)高橋晃一さんに入っていました」と述懐。

 安田が「現場ではいつも笑っていて、明るかった。前から知っているような感じだった」と述懐するとおり、現場の5人は本物の家族のように仲が良かったというが、姉役の橋本は「最初は緊張していた」と告白。

 「(濱田)龍臣君は、年下なんですけど、(芸能界の)先輩なので、どうしようとずっと思っていました。でもこの世界にずっといるのに、中身はただの小5で安心しました。龍臣君には、わたしと遊んでくれてありがとう、という感じです」と語ると、濱田も「緊張しているなんてわからなかった。(舞台の)古民家で追い掛け回されたりして、すごく楽しかった」とコメント。そんなやりとりを聞いた水谷は「緊張していたなんて、終わってから聞いてみないと分からないものですねぇ」としみじみしていた。(取材・文:壬生智裕)

『HOME 愛しの座敷わらし』は全国東映系にて公開中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 4月
  4. 28日
  5. 水谷豊、右京刑事とはイメージが違う父親役に「あれも僕、これも僕」