シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

『ハンガー・ゲーム』続編、『トイ・ストーリー3』の脚本家を起用

『ハンガー・ゲーム』続編、『トイ・ストーリー3』の脚本家を起用
アカデミー賞受賞の名脚本家! - マイケル・アーント - Dan MacMedan / WireImage / Getty Images

 社会現象的なヒットとなった映画『ハンガー・ゲーム』続編の『キャッチング・ファイヤー(原題) / Catching Fire』の脚本再執筆に、映画『トイ・ストーリー3』や『リトル・ミス・サンシャイン』の脚本家として知られるマイケル・アーントが起用されたとCollider.comが報じた。アーントは、『リトル・ミス・サンシャイン』でアカデミー賞脚本賞を受賞している。

 先に世界興行収入6億350万ドル(約482億8,000万円)を記録した1作目の監督ゲイリー・ロスが2作目を続投しないことで大きな話題となったこの続編、今度は、すでに出来上がっていたサイモン・ボーフォイ(『127時間』『スラムドッグ$ミリオネア』)の脚本を書き直しの必要が生じたらしい。

 マイケル・アーントにとっての難関は、『キャッチング・ファイヤー(原題)』の撮影開始が今年秋に決定していることにあり、このタイトなスケジュールで、多くのファンが満足できるストーリーを語れるかということになった。

 『キャッチング・ファイヤー(原題)』の全米公開は、来年11月22日と発表されている。(後藤ゆかり)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 5月
  4. 8日
  5. 『ハンガー・ゲーム』続編、『トイ・ストーリー3』の脚本家を起用