シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ディカプリオとタランティーノ監督がタッグを組んだ西部劇『ジャンゴ 繋がれざる者』から、カート・ラッセルとサシャ・バロン・コーエンが離脱

ディカプリオとタランティーノ監督がタッグを組んだ西部劇『ジャンゴ 繋がれざる者』から、カート・ラッセルとサシャ・バロン・コーエンが離脱
タランティーノ作品からの離脱が報じられたカート・ラッセルとサシャ・バロン・コーエン - Brian To / FilmMagic / Getty Images(左)

 レオナルド・ディカプリオとクエンティン・タランティーノ監督がタッグを組んだ西部劇『ジャンゴ 繋がれざる者』から、カート・ラッセルとサシャ・バロン・コーエンが離脱したとのニュースがCollider.comによって明らかになった。

 タランティーノ監督がよほど荒唐無稽なストーリーを展開しているとみえ、すでにケヴィン・コスナーが離脱、ジョセフ・ゴードン=レヴィットはスケジュールの都合で、プロジェクトから去っている。

 しかし、ジェイミー・フォックス、レオナルド・ディカプリオ、クリストフ・ヴァルツ、サミュエル・L・ジャクソン、デニス・クリストファー、ドン・ジョンソンらがキャスト・インして撮影快調の様子の作品である。おそらく交代する俳優もタランティーノ監督ならではの人選となるだろう。

 本作は、奴隷制が敷かれていた1859年のアメリカ南部を舞台にした西部劇。奴隷の身分から解放された主人公ジャンゴ(ジェイミー・フォックス)が、賞金稼ぎのシュルツ(クリストフ・ヴァルツ)とともにお尋ね者を捕まえながら、別れた妻を救おうとする姿を描く。(後藤ゆかり)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 5月
  4. 13日
  5. ディカプリオとタランティーノ監督がタッグを組んだ西部劇『ジャンゴ 繋がれざる者』から、カート・ラッセルとサシャ・バロン・コーエンが離脱