シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

小雪、復帰第1作は魔女!夫・松ケンからは「やったことのない役で面白いんじゃないの」

小雪、復帰第1作は魔女!夫・松ケンからは「やったことのない役で面白いんじゃないの」
復帰第1作のアフレコに臨んだ小雪

 16日、映画『スノーホワイト』の公開アフレコ収録と記者会見が行われ、互いに子持ちである小雪と椎名桔平が子育ての話題で盛り上がった。

 魔女でもあるラヴェンナ王妃の声優を務める小雪は、本作が出産後の復帰第1作。「魔女の役なんですよねー」と感嘆しつつ、「シャーリーズ・セロンのセリフのニュアンスやイメージを伝えたい。怒るシーンが多くてクラクラします。昨日も声が枯れかかって」とアフレコの苦労を語った。また夫の松山ケンイチからは「やったことのない役で面白いんじゃないの。楽しんできたら」と送り出されたことを明かした。

 そして、スノーホワイト(白雪姫)を手助けするハンターのエリックの声をあてる椎名は、洋画アフレコ初挑戦。「ハンターって新キャラかな。でも姫を救うっていいよね」と役柄の格好良さに満足げ。二人はドラマ「Antique(アンティーク) ~西洋骨董洋菓子店~」以来久々の共演であり、小雪が「久しぶりにお会いして赤ちゃんトークをしました」と楽屋話の一端を明かすと、椎名も「子育てのアドバイス? もちろんしました。ここでは言えませんけど」と会話も弾んだ様子だった。

 子どもへの読み聞かせの話題になると、小雪は「小さいのでまだですけど、仕事ですから普通の人よりは上手いんじゃないかな」と自信ありげな表情を見せる。椎名も「寝かしつけるときに絵本を読むことがあります。でも白雪姫は僕がやってもねー。逆に寝ないんじゃないの」とユーモアたっぷりに自身の体験を語っていた。

 映画『スノーホワイト』は、童話をベースにしたアクション・アドベンチャー作品。ラヴェンナ王妃に命を狙われた王女のスノーホワイトが、ハンターのエリックや幼なじみの王子であるウィリアムと共に、抵抗軍を組織して王妃と戦うストーリー。(取材・文:県田勢)

映画『スノーホワイト』は6月15日よりTOHOシネマズ 日劇ほか全国公開


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 5月
  4. 16日
  5. 小雪、復帰第1作は魔女!夫・松ケンからは「やったことのない役で面白いんじゃないの」