シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

41年ぶりカンヌの若松孝二監督に単独インタビュー!三島由紀夫をテーマに割腹自殺を遂げるまでを描く衝撃作【第65回カンヌ国際映画祭】

41年ぶりカンヌの若松孝二監督に単独インタビュー!三島由紀夫をテーマに割腹自殺を遂げるまでを描く衝撃作
日本映画界のため、苦言を呈し続けると語った若松孝二監督

 現地時間25日深夜、第65回カンヌ国際映画祭ある視点部門でオフィシャル上映された『11・25自決の日 三島由紀夫と若者たち』を携え、井浦新、満島真之介らとカンヌ入りしていた若松孝二監督作がインタビューに応じ、70歳を過ぎてからも精力的に斬新な映画を撮り続ける自らの「映画魂」を垣間見せた。

 寺島しのぶが第60回ベルリン国際映画祭で最優秀女優賞に輝いた『キャタピラー』など、海外でも高い評価を受ける若松監督が今回テーマに扱ったのは、三島由紀夫。井浦新を主演に据え、満島ひかりの弟、満島真之介を共演に制作した本作は、三島が私兵的団体「楯の会」を結成し、壮絶な割腹自殺を遂げるまでを描いた。フィクションではありながらも、かなり忠実に当時の三島の言動を描いた衝撃作になっている。

 昨晩の上映には、深夜にも関わらず老若男女の観客が集まり、海外の三島文学ファンが会場外で議論を交わすシーンも。レッドカーペットを振り返った若松監督は、「いろんな映画祭に参加しているが、どこも客寄せパンダの心境。僕でなく、映画が被写体なので」と41年ぶりのカンヌで謙虚にコメント。だが話題が映画におよぶと、日本映画の現状への過激な発言が次々と飛び出し、「犬猫を扱ったようなものや、アニメや漫画原作の映画は撮れないし撮りたいとも思わない。僕が撮れるもの、自分がイイなと思っているものは、お客様にも満足してもらえると自負しているので、パブリックな反応は気にしない」と断言。

 新たに若松組に加わった満島の起用については「寺島しのぶさんから『とても面白い子がいる』と紹介された」と若松監督。「現場では僕に怒られてばっかりだったから、大変だったかと思うけど、起用するときに、ある程度追い込んでいけば大丈夫と思って、しごいたんだ。カンヌの地に立てて報われたんじゃないかな」と労をねぎらった。若松組常連の寺島については「演技がずば抜けてうまい」と大絶賛。「僕たちの昔見ていたおふくろさんの雰囲気が出せる、数少ない日本の女優」と語り、次回作での起用にも自信を持っていた。

 「僕はいろんなところで日本映画界の体制について吠えているけど、今の日本映画のために、これからもドンドンと苦言を呈するよ。僕が憎まれっ子になっていいんだから、若い映画人には遠慮しないで映画を撮り続けてもらわないと」と語る若松監督。本作では、中高生の入場料を500円に設定するなど、積極的に次世代へ映画のリレーをつなげようとしている。寺島に加え、高良健吾や山本太郎、高岡蒼甫を起用する最新作『千年の愉楽』の製作も順調に進んでいるほか、新作についても水面下で動いているようで「ただ、趣味がないから365日、死ぬまでコツコツと映画を撮るよ」と強く約束していた。(記者:高松美由紀)

映画『11・25自決の日 三島由紀夫と若者たち』は6月2日よりテアトル新宿ほか全国順次公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 5月
  4. 26日
  5. 41年ぶりカンヌの若松孝二監督に単独インタビュー!三島由紀夫をテーマに割腹自殺を遂げるまでを描く衝撃作