シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

木村佳乃、娘はアンパンマンのような子になってほしい?「優しく勇気のある子に」

木村佳乃、娘はアンパンマンのような子になってほしい?「優しく勇気のある子に」
公開アフレコを行った木村佳乃

 昨年11月4日に第1子となる女児を出産した女優の木村佳乃が、声優を務める映画『それいけ!アンパンマン よみがえれ バナナ島』の公開アフレコを4日に都内で行い、「娘がアンパンマンのぬいぐるみを気に入って一緒に遊んで、なめなめ、かみかみしています。大きくなったら、優しく勇気のある、思いやりのある子に育ってほしい」と愛娘について目を細めて語った。

 シリーズ24作目となる本作で、木村が声を担当したのはバナナ島の女王・バンナ。元気いっぱいで最初はわがままを言ったり、意地を張ったりするものの、アンパンマンたちとの触れ合いを通じて成長していくキャラクターだ。お笑いコンビ・バナナマン(設楽統、日村勇紀)の二人が、女王バンナに仕える同じコンビ名のキャラクター「バナナマン」の声優を務めている。

 木村は「最初にこのお話をいただいたとき、歴史もあり、子どもたちに大人気の作品なのでうれしかったです。3歳になるめいっ子が大好きなんですよ!」とにっこり。バナナマンとの共演については「昨日二人の声を聞いたけど、声優みたいに上手で息もぴったりでした」と絶賛。自身は「滑舌良く、わかりやすく感情も大きめにしようと心掛けて演じた」とのこと。

 本作の見どころを「アンパンマンが、人のために見返りを求めず頑張る優しいところ。見終わった後、元気が出ます」と語る木村。また、昨夜行われたサッカーのワールドカップブラジル大会アジア最終予選での日本代表選手の頑張りを見たといい「昨日家で見て、やっぱりすごい!と思いました。応援しています。頑張ってください!」と選手たちにエールを送っていた。(古河優)

映画『それいけ!アンパンマン よみがえれ バナナ島』は7月7日より全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 6月
  4. 4日
  5. 木村佳乃、娘はアンパンマンのような子になってほしい?「優しく勇気のある子に」