シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

「デスパレートな妻たち」のマクラスキー役キャスリン・ジューステンさん肺がんで死去 40年来のヘビースモーカー

「デスパレートな妻たち」のマクラスキー役キャスリン・ジューステンさん肺がんで死去 40年来のヘビースモーカー
闘病中のキャスリン・ジューステンさん、笑顔が素敵な女性だった - Ron Tom / ABC via Getty Images

 テレビドラマ「デスパレートな妻たち」「ザ・ホワイトハウス」などで知られるキャスリン・ジューステンさんが肺がんのため亡くなったという。72歳だった。

 キャスリンの家族は、11年間の闘病生活の末、6月2日に家族に看取られて息を引き取ったとのこと。家族の出した声明によると最後までユーモアでいっぱいだったと言っている。キャスリンさんは、40年以上も喫煙をしているヘビースモーカー。2001年に肺がんと診断されたが、化学療法や放射線治療を受けず手術だけで回復したものの、2009年9月に再発したことが明らかになった。ファイザーの肺がんキャンペーンのスポークスマンを務めたこともあるキャスリンは、「アメリカでは乳がんよりも肺がんの死亡率の方が高いのよ。なのに、治療研究の資金などは比較にならない。不公平だわ」とE!オンラインに語っている。

 精神科の看護師だった彼女は、42歳で女優デビュー。「デスパレートな妻たち」のカレン・マクラスキー役で2度のエミー賞を獲得している。同ドラマで共演したフェリシティ・ハフマンは、「安らかに眠ってください。彼女は最高の女性で、すばらしい女優でした」とツイート。クリエイターのマーク・チェリーは、彼女が演じたカレン役は1度きりの登場予定だったが、キャスリンの演技を見て今後も必要な役だと感じ、どんどん出演シーンを加えて行ったとE!オンラインにコメントし、仕事仲間と友人を亡くしたと残念がった。(澤田理沙)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 6月
  4. 3日
  5. 「デスパレートな妻たち」のマクラスキー役キャスリン・ジューステンさん肺がんで死去 40年来のヘビースモーカー