シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

三谷幸喜舞台「桜の園」、前説で青木さやかがAKB「ヘビロテ」替え歌も!

三谷幸喜舞台「桜の園」、前説で青木さやかがAKB「ヘビロテ」替え歌も!
前説で「ヘビロテ」替え歌を披露する青木さやか

 8日、渋谷のパルコ劇場で舞台「三谷版『桜の園』」公開舞台稽古が行われ、翻案・演出を担当する三谷幸喜、出演者の浅丘ルリ子らが意気込みを語った。

 「三谷幸喜初ものづくし三作品」と銘打った3か月連続上演シリーズ第一弾となる本舞台。「これがチェーホフ? これぞチェーホフ!」をキャッチフレーズに、演劇ファンなら知らぬものはないアントン・P・チェーホフの戯曲「桜の園」を三谷流に演出することとなった。

 本舞台は三谷にとっては初の翻案ものとなるが「チェーホフってロシアの文豪のイメージが強いですけど、実は『四幕の喜劇』といわれているくらいなので、実際に読んでみると笑えるシーンが多いんです。これは僕みたいな喜劇作家こそが、本来のコメディーとして作るべきではないかと思いました」とコメント。「チェーホフの芝居のイメージがない人にお願いした。これまでのチェーホフを知っている人も知らない人も楽しめる、今までにない芝居になっていると思います」と三谷が語る通り、浅丘を筆頭に、藤井隆、青木さやかといったユニークなキャスティングにも注目だ。

 主役のラネーフスカヤを演じる浅丘は「わたしシェイクスピアもチェーホフも嫌いだから、今までお話があってもお断りしてきたんです」とコメントし、会場を沸かせたが、そんな浅丘がチェーホフの舞台に立とうと思ったのは三谷の存在が大きかったという。「『桜の園』というと重苦しいイメージがありますが、三谷さんの『桜の園』は案の定、とても面白くて、すごく軽やかな『桜の園』になりました」と笑顔でコメントする浅丘だった。

 三谷版「桜の園」は、三谷らしい軽やかな会話、笑いが魅力。手品が得意な家庭教師シャルロッタを演じる青木は、本舞台の前説を担当。AKB48の「ヘビーローテーション」の替え歌で「どんどん倒れる桜の木、チェリー・オーチャード」と歌ってみせるなど、新たな魅力が満載の舞台となっている。(取材・文:壬生智裕)

舞台「三谷版『桜の園』」は6月9日~7月8日までパルコ劇場にて上演予定(以後、大阪、神奈川でも公演予定)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 6月
  4. 8日
  5. 三谷幸喜舞台「桜の園」、前説で青木さやかがAKB「ヘビロテ」替え歌も!