シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

アトム・エゴヤン監督の『ザ・デヴィルズ・ノット』にブルース・グリーンウッド&マット・レッシャー&マイケル・グラディス&スティーヴン・モイヤー出演へ

アトム・エゴヤン監督の『ザ・デヴィルズ・ノット』にブルース・グリーンウッド&マット・レッシャー&マイケル・グラディス&スティーヴン・モイヤー出演へ
左からブルース・グリーンウッド、マット・レッシャー、マイケル・グラディス、スティーヴン・モイヤー - Donald Weber / Jim Spellman / Jason Merritt / WireImage / Getty Images

 コリン・ファースがアトム・エゴヤン監督と再びタッグを組むことになった悪名高き「ウェスト・メンフィス3事件」を描いた『ザ・デヴィルズ・ノット(原題) / The Devil's Knot』にベテラン俳優ブルース・グリーンウッド、マット・レッシャー、マイケル・グラディスが出演することがHollywood Reporterにより明らかになった。

 「ウェスト・メンフィス3事件」とは1993年にアメリカ・アーカンソー州ウェスト・メンフィスで起きた殺人事件のこと。三人の8歳の男児が殺害され、三人のティーンエイジャー、通称ウェスト・メンフィス3(ダミアン・エコールズ、ジェイソン・ボールドウィン、ジェシー・ミスケリーJr)が容疑者として逮捕、後の裁判でその三人に有罪判決が下されたという事件だ。被告少年達の年齢が若かったということだけでなく、彼らが普段からヘヴィー・メタル・ロックに傾倒し、悪魔崇拝者とのうわさもあったことで、事件の地域だけでなく全米で話題になった。地域住民が、少年達への偏見やメディアの報道によって集団パニックを起こし、彼らを犯人に仕立て上げたのではないかという冤罪説が当時から根強かったが、DNA鑑定により事態が好転。事件から18年後の2011年に、司法取引の一種に応じることにより三人は釈放されている。

 映画のキャストについては、すでに被害者の母親の一人にリース・ウィザースプーンが決定、コリン・ファースは、ロン・ラックスという私立探偵を演じ、被害者の父でありウィザースプーン演じるパム・ホッブスの夫、テリー・ホッブスが事件に関与していると主張する被告側を支持し、捜査を行う役どころを演じる。

 映画『スター・トレック』のブルース・グリーンウッドは後に判決で多くの批判を浴びることになる裁判官のデヴィッド・バーネットを演じ、テレビドラマ「ブラザーズ&シスターズ」のマット・レッシャーは被告人ジェイソン・ボールドウィンの弁護人ポール・フォードを、テレビドラマ「MAD MEN マッドメン」のマイケル・グラディスは被告人ジェシー・ミスケリーJrの弁護人ダン・スティッダムを、『プリースト』のスティーヴン・モイヤーは検事のジョン・フォゲルマンを演じるという。

 この事件は多くのセレブリティから注目を集め、映画『パラダイス・ロスト(原題) / Paradise Lost』という三部作のドキュメンタリーも製作されている。この社会派ドラマがどのような映画になるか今から楽しみでならない。(後藤ゆかり)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 7月
  4. 4日
  5. アトム・エゴヤン監督の『ザ・デヴィルズ・ノット』にブルース・グリーンウッド&マット・レッシャー&マイケル・グラディス&スティーヴン・モイヤー出演へ