シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

トゥパック・シャクール襲撃事件の犯行を認めたジミー・ヘンチマン、彼の弁護士は犯行を否定?(1/2)

トゥパック・シャクール襲撃事件の犯行を認めたジミー・ヘンチマン、彼の弁護士は犯行を否定?
5発の銃弾を受けたが一命を取りとめたトゥパック・シャクール - Ron Galella / WireImage / Getty Images

 今年の6月12日にヴィレッジ・ヴォイスに掲載されたチャック・フィリップス記者の記事によると、伝説のラッパー、トゥパック・シャクールを襲った1994年の強盗事件で、これまで関与を否定してきたジミー・ヘンチマン(本名ジェームズ・ロズモンド)が、首謀者であることを名乗り出たことが明らかにされたが、この報道に対して今度はジミー・ヘンチマンの弁護士ジェラルド・シャーゲル氏が、この記事はねつ造されたものであるとジミー・ヘンチマンの犯行を否定していることが、MTVとのインタビューで明らかになった。

 まず、1994年に起きた同強盗事件は、トゥパック・シャクールがニューヨークのマンハッタンのレコーディング・スタジオで何者かに襲われ、5発の銃弾を受けたが一命を取りとめた襲撃事件。だが、当時その事件現場に居合わせた東海岸で活躍していたラッパー、ノトーリアスB.I.Gとショーン・コムズらを、トゥパックが疑ったことで、ヒップホップ業界の西海岸と東海岸の対立が勃発する。そして、この対立が1996年のトゥパック・シャクールと1997年のノトーリアスB.I.Gの殺害事件を巻き起こしていった。そのため、このトゥパック・シャクールの強盗事件はヒップホップ業界を揺るがす一連の事件の発端となった事件として広くこれまで認識されてきた。

 ここからがいろいろ説明が難しくなるので、少し整理して紹介したい。まず、このジミー・ヘンチマンが犯行を認めた記事を執筆したチャック・フィリップスという記者は、2008年にもロサンゼルス・タイムズ紙で、ジミー・ヘンチマンがトゥパック・シャクールの強盗事件に関与しているとした記事を執筆し、さらにその記事はUSA vs ジェームズ・ロズモンド(ジミー・ヘンチマン)の法廷裁判で、参考資料としても提出されたものの、この2008年の記事は偽造された裁判所文書に依存したものであるとして、ロサンゼルス・タイムズ紙が後に撤回していたことがあった。ここまで聞くと、ねつ造した記事を書くとんでもない記者のようだが、昨年の6月に、現在は殺人、強盗、詐欺の事件でブルックリンに服役しているデクスター・アイザック受刑者が、1994年当時、音楽会社のマネジャーをしていたジミー・ヘンチマンが、トゥパック・シャクールをマンハッタンのレコーディング・スタジオの外で襲うことを依頼し、その報酬として2,500ドル受け取ったことを告白したことで、このチャック・フィリップス記者の記事が擁護される形となった経緯があった。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 7月
  4. 8日
  5. トゥパック・シャクール襲撃事件の犯行を認めたジミー・ヘンチマン、彼の弁護士は犯行を否定?