シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

『僕が結婚を決めたワケ』のヴィンス・ヴォーン、『ブレイブハート』の脚本家ランドール・ウォレスの作品『ガンスリンガーズ』を製作・主演

『僕が結婚を決めたワケ』のヴィンス・ヴォーン、『ブレイブハート』の脚本家ランドール・ウォレスの作品『ガンスリンガーズ』を製作・主演
コメディー作品への出演が続いていたヴィンス・ヴォーン。自身が制作・主演を務めるアクション映画での演技に期待です!

 映画『僕が結婚を決めたワケ』のヴィンス・ヴォーンが、映画『ブレイブハート』のランドール・ウォレスが脚本を手掛けるアクション・アドベンチャー映画『ガンスリンガーズ(原題) / Gunslingers』を製作・主演することがDeadline.comによって明らかになった。

 最近ではコメディー映画の出演が相次いでいるヴィンス・ヴォーンだが、映画『ザ・セル』『サイコ』の主演男優と言えば、その演技が繰り出す恐怖の数々を思い出すファンも多いだろう。演技の幅の広いヴィンス・ヴォーンだが、あまりアクション映画への出演は多くない。

 今回の作品はニュー・エージェンシーが巨額を提示して映画化権を獲得したことで話題になっているもので、ヴォーンは主演だけでなく、エグゼクティブ・プロデューサーを務め、ランドール・ウォレスもプロデュースを手がける。監督はまだ決定していないとのこと。

 ストーリーは現代のロサンゼルスを舞台に過去からタイムトラベルをしてきた二丁拳銃のヒーローが現代の現実とぶつかり合うというもので、真のヒロイズムとは何なのかを思いがけない形で模索する映画だという。

 ヴォーンの待機作にはベン・スティラー、ジョナ・ヒル共演の映画『ザ・ウォッチ(原題) / The Watch』、シエナ・ミラー、サム・ロックウェル共演の映画『ア・ケース・オブ・ユー(原題) / A Case Of You』がクランクアップ、現在はオーウェン・ウィルソンと『ザ・インターンシップ(原題) / The Internship』を撮影中だ。

 コメディー以外での演技が見られそうな『ガンスリンガーズ(原題)』にぜひ期待したい。(後藤ゆかり)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 7月
  4. 22日
  5. 『僕が結婚を決めたワケ』のヴィンス・ヴォーン、『ブレイブハート』の脚本家ランドール・ウォレスの作品『ガンスリンガーズ』を製作・主演