シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ゲイ・カップルと代理母を題材にした新ドラマ「ザ・ニュー・ノーマル」 アメリカの保守系団体がボイコットを呼びかけ

ゲイ・カップルと代理母を題材にした新ドラマ「ザ・ニュー・ノーマル」 アメリカの保守系団体がボイコットを呼びかけ
プロデューサーのライアン・マーフィーはどう対応するのだろうか?

 米NBCで9月から放送予定の新ドラマ「ザ・ニュー・ノーマル(原題) / The New Normal」の題材に不満を抱くアメリカの保守系団体が、放送前からボイコットとテレビ局への抗議を呼びかけている。

 Huffington Post.comによると、「ザ・ニュー・ノーマル(原題)」はテレビドラマ「glee」のライアン・マーフィーが製作する新しいドラマで、ゲイのカップルと、彼らのために代理母になることを承諾したシングル・マザーの日常を描いたコメディ。映画『理想の彼氏』のジャスティン・バーサとアンドリュー・ラネルズがゲイのカップルを演じ、映画『ワン・デイ 23年のラブストーリー』のジョージア・キングがシングルマザーを演じる。

 ボイコットを呼びかけているワン・ミリオン・マムズ(OMM)は、同性愛反対を強く打ち出していることで知られる保守系団体。ドラマのタイトル「ザ・ニュー・ノーマル」は、「ノーマル(普通)の新しい定義」という意味で、新たな家族の形を指しているが、これもOMMは気に入らないようで、「ザ・ニュー・ノーマルはノーマルじゃない」と題された記事をウェブサイトに掲載している。

 記事では、NBCが公共の電波を使い、結婚の形を新たに定義することで、神聖な結婚の形、モラルや価値観を腐敗させていると断言。このようなことは社会に害をもたらし、この番組は文化を傷つけるものだと言っている。

 OMMは、NBCにも放送を中止するようメールを送るようサポーターに指示。もし放送がスタートした場合は、同ドラマのスポンサー企業に連絡を取り、抗議をするよう呼びかけている。同じような方法を取ったおかげでテレビドラマ「ザ・プレイボーイ・クラブ」のコマーシャル枠が売れず、たった3エピソードで打ち切りになったとも言い、効果のある方法だと語っている。

 結婚は男女の間でのみ成立し、アメリカ人の多くがそう考えていると彼らが主張する一方、このような団体の考え方が差別と偏見、憎悪を生んでいるとの意見も多い。(澤田理沙)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 7月
  4. 29日
  5. ゲイ・カップルと代理母を題材にした新ドラマ「ザ・ニュー・ノーマル」 アメリカの保守系団体がボイコットを呼びかけ