シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

向井理、リドリー・スコットの3.11映像プロジェクトで静かに胸に染み入るナレーション

向井理、リドリー・スコットの3.11映像プロジェクトで静かに胸に染み入るナレーション
映画『JAPAN IN A DAY [ジャパン イン ア デイ]』ポスタービジュアル - (C) 2012 FUJI TELEVISION NETWORK,JAPAN IN A DAY FILMS LTD.

 俳優・向井理がナレーションを担当する映画『JAPAN IN A DAY [ジャパン イン ア デイ]』の予告編映像が公開された。東日本大震災の1年後、2012年3月11日の日常をつなぎあわせることで出来上がった本作が伝えるのは「特別じゃない日なんて、1日もない」というシンプルで力強いメッセージだ。

 本作の基になっているのは、世界12か国から集められた8,000本・総計300時間にも上る映像。これらの映像はYouTubeを通して投稿され、日常の1シーンをつなぎあわせることで1本の特別なドキュメンタリー映画として完成した。

 「あれから1年 世界中から集められた8000本の動画が特別な1日を創りあげました」という言葉から始まる予告編のナレーションを担当しているのは向井理。BGMにエルトン・ジョンの「Your Song」が流れる中、次々に映し出されるのは何気ない日常のやり取りもあれば、出産や結婚式、そしてプロポーズの瞬間といったものまでさまざま。寄り添うような向井のナレーションは静かながら、すっと胸に染み入るような印象がある。

 予告編と同時に公開されたポスタービジュアルも、映像を投稿した人から集めた写真を用いたもの。日常をとらえた写真を並べたものとなっており、こちらも味わいがある仕上がりだ。普段、生活している上では出会うこともないかもしれない人たちが1本の映画、そして1枚のポスターでつながっていく……そうした醍醐味(だいごみ)は、本作ならではのものだろう。

 エグゼクティブプロデューサーを務めるのは、2011年に同趣向の映画『LIFE IN A DAY 地球上のある一日の物語』を作り上げた巨匠リドリー・スコット。公開日が「3月11日」の逆、「11月3日」というのも不思議な縁を感じさせる作品だ。(編集部・福田麗)

映画『JAPAN IN A DAY [ジャパン イン ア デイ]』は11月3日よりTOHOシネマズ 六本木ヒルズほか全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 7月
  4. 23日
  5. 向井理、リドリー・スコットの3.11映像プロジェクトで静かに胸に染み入るナレーション