シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

映画館の銃撃戦シーンを撮り直し…ライアン・ゴズリング主演映画、来年に公開延期

映画館の銃撃戦シーンを撮り直し…ライアン・ゴズリング主演映画、来年に公開延期
主演作の公開が延期となってしまったライアン・ゴズリング - Vito Amati / Getty Images

 先日、米コロラド州の映画館Century Aurora 16で60人以上の死傷者を出した銃乱射事件が起きたことを受け、当初9月7日に公開予定だったライアン・ゴズリング主演の映画『ギャングスター・スクワッド(原題)/ Gangster Squad』の公開が来年に延期された。Entertainment Weeklyなど複数のメディアが伝えている。

 同作は米ワーナー・ブラザーズの下で製作された映画で、1940年代を舞台に二人のロサンゼルスの警官が、ギャング王のミッキー・コーエンを追跡していく過程を描いた作品。二人の警官役にライアン・ゴズリングとジョシュ・ブローリン、ミッキー・コーエン役にショーン・ペンがキャスティングされていた。

 だが、劇中のマシンガンを使用した映画館での銃撃戦のシーンを米ワーナーが問題視。同シーンを撮り直し、さらに当初の9月7日から来年1月11日に公開を延期することを決断した。

 これまでにも銃乱射事件をめぐっては、『ダークナイト ライジング』来日イベントがキャンセル、そしてアメコミ「バットマン」の発売延期などが発表されている。(細木信宏/Nobuhiro Hosoki)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 7月
  4. 26日
  5. 映画館の銃撃戦シーンを撮り直し…ライアン・ゴズリング主演映画、来年に公開延期