シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

世界中で大ヒットしたフランス映画『最強のふたり』が、北米の外国映画興行ナンバーワンに!

世界中で大ヒットしたフランス映画『最強のふたり』が、北米の外国映画興行ナンバーワンに!
世界中で大ヒット!- フランス映画『最強のふたり』より - (C) 2011 SPLENDIDO / GAUMONT / TF1 FILMS PRODUCTION / TEN FILMS / CHAOCORP

 北米で今年公開された外国映画の中で、フランス映画『最強のふたり』が、現在興行成績No.1の作品になったことがHollywood Reporterや複数のメディアが伝えたことで明らかになった。

 映画『最強のふたり』は、フランスのアカデミー賞と称される第37回セザール賞に8部門ノミネートされ、俳優オマール・シーが主演男優賞を獲得し、さらに第24回東京国際映画祭のコンペティション部門にも出品され、最高賞の東京サクラグランプリを受賞している秀作だ。

 そのストーリーは、頸髄損傷で首から下が動かなくなった富豪のフィリップ(フランソワ・クリュゼ)と、介護人となった貧困層の移民の若者ドリス(オマール・シー)の交流を描いた心温まる実話をもとにした感動作品。

 同作は、アメリカのメモリアルデー・ウィークエンド(5月下旬)に公開され、現在まで711万ドル(約5億6,800万円)の興行を稼ぎ、これまで今年公開された外国映画の中でトップだった映画『別離』を抜いて首位に立った。

 これまで同作の世界興行収入は3億6,500万ドル(約292億円)で、世界的な成功を収めている。最も字幕の嫌いなアメリカでの興行は、世界中の興行に比べてかなり低い方だが、この度興行が首位に立ったことで、その人気ぶりを示している。ちなみに、配給会社のワイスタイン・カンパニーはこの記録をもとに、これまでニューヨークやロサンゼルスなどの主要都市で限定公開されていた同作を、7月27日から全米公開する予定でいるそうだ。 

 映画『最強のふたり』は9月1日より、日本公開。(細木信宏/Nobuhiro Hosoki)


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 7月
  4. 27日
  5. 世界中で大ヒットしたフランス映画『最強のふたり』が、北米の外国映画興行ナンバーワンに!