シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

大沢たかお×松嶋菜々子の強力タッグで「ビー・バップ・ハイスクール」作者の処女小説映画化決定!

大沢たかお×松嶋菜々子の強力タッグで「ビー・バップ・ハイスクール」作者の処女小説映画化決定!
大沢たかお×松嶋菜々子!

 映画『眉山 -びざん-』などで共演した大沢たかおと松嶋菜々子が、「JIN -仁-(第2期)」「家政婦のミタ」で共に記録した平均視聴率20%を超える活躍を経て、再びタッグを組む映画『藁の楯』の製作が発表された。

 映画『愛と誠』『悪の教典』と話題作の続く三池崇史監督がメガホンを取る『藁の楯』は、漫画「ビー・バップ・ハイスクール」の作者きうちかずひろが、木内一裕として2004年に発表した処女小説が原作。政財界を牛耳る大物・蜷川の孫娘惨殺事件の犯人・清丸国秀殺しに10億円の懸賞金がかけられ、日本国民1億2,000万人が清丸の命を狙う中、清丸の1,200キロの護送を命じられた5人の警視庁警備部のSPたちの攻防を描く。

 大沢と松嶋は、清丸を護送するSP銘苅一基(めかりかずき)、白岩篤子(しらいわあつこ)役。惨殺事件を起こす凶悪犯・清丸役は、三池監督と『SABU さぶ』以来2度目のタッグとなる藤原竜也。豪華共演が実現した。

 8月19日にクランクインし、10月上旬のクランクアップ、2013年ゴールデンウイークの公開を目指す本作。三池監督は「最強のキャスト。空前のスケール。ハリケーンのような物語。……熱い夏になりますね」とコメント。「大好きな三池監督と共にスタッフ、キャストと一丸になって撮影に挑みたいと思います」(大沢)、「三池監督とご一緒できることがとても楽しみです」(松嶋)、「ひさびさの三池組で、こういった特殊な悪役をやらせていただけるのは非常に光栄です」と出演者も皆、三池監督のメガホンに心を躍らせている。

 「『生きる価値がない』と容認された犯人を守り抜くことは果たして『正義』なのか……。観終わったあとに何かしらを感じていただけるよう頑張ります」と松嶋はコメントを寄せているが、残忍な凶悪犯と逮捕されてでも家族に金を残したいと願う人々、そして凶悪犯を守るSPの物語は、どんな運命をたどり、どんなメッセージを観客に届けるのか? 豪華スタッフ、キャストの共演に期待したい。(編集部・島村幸恵)

映画『藁の楯』は2013年ゴールデンウイーク公開予定


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 7月
  4. 31日
  5. 大沢たかお×松嶋菜々子の強力タッグで「ビー・バップ・ハイスクール」作者の処女小説映画化決定!