シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

社会奉仕活動を言い渡されたラッセル・ブランド 「喜んでやります」

社会奉仕活動を言い渡されたラッセル・ブランド 「喜んでやります」
社会への奉仕は義務さ。喜んでするよ! - ラッセル・ブランド - Jason Merritt / Getty Images

 パパラッチのiPhoneを投げ捨て、20時間の社会奉仕活動を言い渡されたラッセル・ブランドは、罰を受けたとは思っていないようだ。

 ラッセルは社会奉仕活動のほかに500ドル(約4万円)の法定費用を支払うよう命じられたが、社会奉仕をするのは人助けになるため光栄だと語った。「どんな社会奉仕活動を命じられるのかはわからないけど、罰には思えないね。義務だよ。僕らは社会に住んでいるのだから、そのために奉仕をするのは光栄だ。喜んでやるよ」とコメントしている。

 ただ、まだ何をするのかは知らないようで、20時間の活動内容について聞かれたラッセルは、「何をするかって? わからないけど、清掃とかじゃないかな」と答えている。事件後、ラッセルは電話を投げた理由はスティーブ・ジョブズさんへのトリビュートだったとツイートしている。(BANG Media International)


【関連情報】
キーワード

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 8月
  4. 5日
  5. 社会奉仕活動を言い渡されたラッセル・ブランド 「喜んでやります」