シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

「LAW &ORDER ロー&オーダー」のライナス・ローチ、低予算映画でヘッジファンドのトレイダー役に奮闘(1/2)

「LAW &ORDER ロー&オーダー」のライナス・ローチ、低予算映画でヘッジファンドのトレイダー役に奮闘
(左)デレク・ティン、(右)ライナス・ローチ

 映画『司祭』やテレビドラマ「LAW &ORDER ロー&オーダー」などで名をはせたイギリス出身の俳優ライナス・ローチが、新作『スーパーキャピタリスト(原題) / Supercapitalist』について、主演/脚本/制作を担当したデレク・ティンとともに語った。

 同作は、ニューヨークのヘッジファンドのトレイダー、コナー・リー(デレク・ティン)は、上司(ライナス・ローチ)の指示で香港に拠点を置いて、ある香港の大会社のもとで、大規模な取引を仕掛けるが、大きな変動が市場を刺激したために、世界的に波紋を呼ぶことになっていくという経済ドラマ作品。監督は、サイモン・インが務めている。

 医者の父親のもとで育ったデレクは、映画界に入ることになったきっかけは「コーネル大学で演劇のクラスを受講して、アジアン・アメリカン・プレイハウスに参加したが、その後すぐ俳優の仕事ができるとは思っていなかったから、普通の仕事をしていたんだ。けれども2001年の同時多発テロによって、人生は短いと思って、再び俳優を始めた。最初はCMなどに出演できたけど、アジア系の俳優としてロクな役がなかったんだ。それから、6年も掛けてこの映画を制作することになったんだよ」と明かしたコナーは、一時期CNNでも働いていたことがあったそうだ。

 プロデューサーも務めたデレクは、低予算のこの映画で、どのような経緯で演技派のライナス・ローチをキャスティングしたのか。「僕がこの映画の執筆中に、僕の友人からライナスを紹介されたんだ。もちろん、そのときはカジュアルな出会いだったから、とても映画に出演してほしいなんて言えなかったんだ……。ただ、それからヘッジファンドのトレイダーの中で上司役を書いているうちに、この役はゴールデン・グローブ賞にもノミネートされたことのあるライナス・ローチしかいないと思えてきたんだよ。そこで、思い切って2009年に彼に脚本を手渡したんだ。それから彼とともに少し改稿を加えて、制作することになったんだ」と長年映画界で活躍してきたライナスのアイデアも取り入れたようだ。

 ライナスはリサーチの過程でヘッジファンドのトレイダーについて理解するのに苦労したそうだ。「正直、僕自身リサーチの過程でよくわかっていなかった。そこで、約2年掛けて個人トレイダーに成ろうとしている友人が、約1時間、ヘッジファンドに関していろいろな話をしてくれたが、それでも全くわからなかった。さらにその友人は、会社に勤めビジネスマネージャーになるよりも、個人トレイダーの方が稼げると話してくれたが、僕には彼のように成る勇気はなかったよ」とライネスが語った。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 9月
  4. 9日
  5. 「LAW &ORDER ロー&オーダー」のライナス・ローチ、低予算映画でヘッジファンドのトレイダー役に奮闘