シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

メリル・ストリープとトミー・リー・ジョーンズを直撃!映画で描かれない夫婦間の出来事とは?(1/2)

メリル・ストリープとトミー・リー・ジョーンズを直撃!映画で描かれない夫婦間の出来事とは?
トミー・リー・ジョーンズ、メリル・ストリープ

 映画『マンマ・ミーア!』や『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』などでおなじみの名女優メリル・ストリープが、新作『ホープ・スプリングス(原題) / Hope Springs』について、共演者トミー・リー・ジョーンズとともに語った。

 同作は、結婚30周年を迎えた夫婦ケイとアーノルド(メリル・ストリープ、トミー・リー・ジョーンズ)は、アーノルドが腰を痛めて別の部屋で寝始めてから倦怠期に入り、そんな状況を改善しようと結婚カウンセラー、Dr.フェルド(スティーヴ・カレル)のもとに通い、彼のアドバイスに従おうと夫婦が奮闘していくというコメディ調のドラマ作品。監督は、映画『プラダを着た悪魔』のデヴィッド・フランケルがメガホンを取っている。

 この映画は現在結婚している人や、カップルである人たちを特に刺激する作品であることについて「この脚本を読んだときに、結婚しているわたしも良い刺激になったわ。この映画のように(セックスなど)夫婦のプライベートなことは誰にも話さないから。それに、映画では残酷な犯罪や厳しい現実を描いても、こういうデリケートな夫婦間のやりとりを、映画として描くことはすごく難しいの。だから、そんな普段描かれない点が面白いのよ」と語ったメリルは、そんな繊細な夫婦間のやりとりに惹かれたようだ。

 映画内では、夫婦を演じるトミー・リー・ジョーンズとメリル・ストリープの会話と会話の沈黙や、間の取り方が興味深く描かれている。「実は、わたしはこの映画で初めてデジタル作品に出演したの。デジタルだと残りのフィルムの長さを気にしなくても良いため、(即興的に)二人が沈黙した状態で他の人の話を聞いたりすることもできたり、夫婦同士がそれぞれ発する言葉を噛み締めて、わざと長めに沈黙したりすることもあったわ」とメリル・ストリープが語ると、「デジタルの撮影であったために、一日に脚本8~9ページ分もの撮影ができたんだ。フィルムだと照明のセットアップに時間が掛かり、2ページくらいしか撮影できないことが多い。実際にデジタルだと、7~8ページ分をワンテイクで撮ることも可能だから、編集も全く違ってくるんだよ」とトミー・リー・ジョーンズが付け加えた。

 スティーヴ・カレル演じる結婚カウンセラーについてトミー・リー・ジョーンズは「(プライベートなことを聞き出すシーンで)かなり可笑しなシーンがあるけれど、スティーヴはシカゴで長い間即興的な舞台を踏んでいたために、そんな可笑しなシーンでも全く笑わないで演じていたんだ。彼は常に感情をコントロールしていたよ」と話してくれたが、あとでスティーヴに聞くと、単に名優二人の間に入って演じていたことで緊張していただけだそうだ。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 8月
  4. 12日
  5. メリル・ストリープとトミー・リー・ジョーンズを直撃!映画で描かれない夫婦間の出来事とは?