シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

長井秀和、英会話講師になっていた!4年ぶり公の場でフィリピン事件もネタに大暴走!

長井秀和、英会話講師になっていた!4年ぶり公の場でフィリピン事件もネタに大暴走!
英語教えてます!-長井秀和

 16日、お笑いタレントの長井秀和が、映画『タイタンの逆襲』ブルーレイ&DVD発売記念イベントで、2008年の離婚会見以来4年ぶりに公の場に姿を現し、現在英会話の講師をしていることを明かした。

 「間違いないっ!」のネタで一躍時の人となった長井。だが、フィリピンでのわいせつ行為疑惑、カナダ人モデルとの浮気など女性問題を起こし、2008年には9年連れ添った妻と離婚。離婚会見を開いていた。

 長らく表舞台から遠のいていた長井だが、この日は「あれでフィリピン警察と揉めて今はフィリピンに入国できないんです」など自らフィリピンでの一件をネタに大暴走し、「ごちゃごちゃになっているけど、フィリピンの事件で被害者なのは間違いないっ!」とキッパリ。離婚原因には「カナダ人モデルとの不倫とも言われているけど美人局が原因です」と強調しつつ、現状は「子どもを連れて出て行かれて、子どもには4か月に一回2時間しか会えない。毎月10万円養育費を払っているので、子どもに会うために1時間につき20万円払っているようなもの」と嘆いた。

 また、現在は留学で学んだ英語力を生かし週3回外資系企業や保険会社などで英会話の講師をして食いつないでいるとも明かし、「レディー・ガガの通訳とかできたらいい。ハリウッドで(俳優の)オーディションを受けまくろうかな」とハリウッドデビューにも意欲を見せ、フィリピンつながりで「番組『アメトーーク!』にフィリピン芸人としても出たい!」と再起へ向けて意気込んでいた。

 『タイタンの逆襲』は、ギリシャ神話をベースに神々の王ゼウス(リーアム・ニーソン)の息子として生まれながらも人間として育った青年ペルセウス(サム・ワーシントン)が活躍するアクション・アドベンチャー超大作第2弾。魔物クラーケンを倒した前作『タイタンの戦い』から10年後を舞台に、「巨人(タイタン)」「神」「人間」の壮絶な戦いを描く。(取材・文:中村好伸)

映画『タイタンの逆襲』ブルーレイ&DVDセット <初回限定生産>は発売中(税込み:3,980円)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 8月
  4. 16日
  5. 長井秀和、英会話講師になっていた!4年ぶり公の場でフィリピン事件もネタに大暴走!