シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

塩谷瞬への質問攻めに「いいかげんにしろよ」 蜷川幸雄が笑顔でシャットダウン

塩谷瞬への質問攻めに「いいかげんにしろよ」 蜷川幸雄が笑顔でシャットダウン
塩谷瞬への質問をシャットダウンした蜷川幸雄

 16日、彩の国さいたま芸術劇場で、蜷川幸雄演出の彩の国シェイクスピア・シリーズ第26弾「トロイラスとクレシダ」公開稽古が行われ、山本裕典、月川悠貴、塩谷瞬、細貝圭、小野武彦ら出演者、そして蜷川が出席した。

 彩の国シェイクスピア・シリーズの中でも特に人気が高いのが、登場人物すべてを男性キャストが演じる「オールメール・シリーズ」。その第6弾となる本作について、蜷川は「緊張しますね。激しい稽古だったんですけど、みんなちゃんとやってくれたので、楽しみにしています」と切り出すと、山本も「めげそうになったときもあったけど、蜷川さんやスタッフ、キャストの皆さんに支えられて。これから気合を入れたいと思います」とコメント。

 しかし、この日も質問は自然と塩谷の方に。捕虜交換のためにギリシャからやってきた使者を演じる塩谷は、愛し合う恋人たちの仲を切り裂く役回り。そのことを切り出されると、蜷川がすかさず「来たぞ、来たぞ! 泣くなよ」とツッコミ。「女性のいない現場もいいものですか?」と問われた塩谷は、にっこり笑顔を浮かべ、「そうですね」とうなずいた。

 今回、塩谷をキャスティングした理由を「むなしく、美しいじゃないですか」明かした蜷川は続けて「そのときは(スキャンダルのことを)知らないでキャスティングしていますから。その後すぐにいろいろと問題がありましたけど、そんなの関係ないから。頑張れよこのやろう!」と塩谷を叱咤(しった)激励。いつまでも塩谷のことを聞こうとする報道陣に向かっても「塩谷だけの公演じゃないんだから、いいかげんにしろよ」と笑顔でシャットダウン。塩谷を守ろうという親心を見せる一幕もあった。(取材・文:壬生智裕)

舞台「トロイラスとクレシダ」は8月17日~9月2日に彩の国さいたま芸術劇場 大ホールにて上演 ほか地方公演あり


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 8月
  4. 16日
  5. 塩谷瞬への質問攻めに「いいかげんにしろよ」 蜷川幸雄が笑顔でシャットダウン