シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

シャチを虐待…モトリー・クルーのトミー・リーが水族館に抗議

シャチを虐待…モトリー・クルーのトミー・リーが水族館に抗議
音楽でシャチを虐待しないでくれ! - トミー・リー - Kevin Winter / Getty Images

 ヘヴィメタルバンド「モトリー・クルー」のドラマーであるトミー・リーが、動物愛護団体PETAと一緒にシャチの虐待に抗議する文書をサンディエゴの水族館・シーワールドに送ったという。

 トミーは、シーワールドで行われているシャチのショーの最中に流れている大音量の音楽は、シャチにとって虐待に値するためやめるよう要請。また、モトリー・クルーの曲も使わないようにと申し出たという。

 これに対しシーワールド側は、「ショーで流れている音楽の音量はシャチにとってまったくリスクはない」という専門家の意見をBLABBERMOUTH.NETに語っている。

 しかしトミーは、捕獲された海洋生物にとって大きな音が苦痛になることは科学的に証明されていると主張。シーワルド側の説明には納得できないようで、「シーワールドは自分たちの言い分を証明できないからきちんと向き合わないだけだ」とコメントしている。

 W.E.N.Nによると、今後もPETAがシーワールドで行われているシャチのショー「シャムー・ロックス」を監視し続けるとのこと。

 シーワールドは、モトリー・クルーの曲の使用について「使ったことも、使う予定もない」と言っているが、トミーは、シーワールドがどのバンドの曲を使っているかを調べ、今後それらのバンドにこの問題を知らせるつもりらしい。(澤田理沙)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 8月
  4. 16日
  5. シャチを虐待…モトリー・クルーのトミー・リーが水族館に抗議