シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

「SATC」クリスティン・デイヴィスと脚本家アーロン・ソーキンが破局

「SATC」クリスティン・デイヴィスと脚本家アーロン・ソーキンが破局
ラブラブだっただけに残念ですが友好的な別れのようです - クリスティン・デイヴィスとアーロン・ソーキン

 6月に熱愛が報じられたテレビドラマ「SEX AND THE CITY」のシャーロット役で知られるクリスティン・デイヴィスと映画『ソーシャル・ネットワーク』でアカデミー賞脚色賞を受賞したアーロン・ソーキンが別れたという。

 二人はアーロンの新テレビドラマ「ザ・ニュースルーム(原題) / The Newsroom」のプレミアで一緒にレッドカーペットを歩き、交際を公にしていたが、わずか数か月での破局となってしまったようだ。「二人はあらゆる面でとても違っているんです。彼女は養女ジェマを育てることに集中しており、彼は新ドラマに全力を注いでいます」と関係者はNew York Daily News紙に語り、別れても二人は友人で居続けるだろうと言っている。

 ケーブル局のニュース番組を描いたジェフ・ダニエルズ主演の「ザ・ニュースルーム(原題)」は、わずか2エピソードが放送されただけで第2シーズンにゴーサインが出たドラマ。第2シーズンはアメリカで来年6月からHBOで放送される。(澤田理沙)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 8月
  4. 26日
  5. 「SATC」クリスティン・デイヴィスと脚本家アーロン・ソーキンが破局