シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

藤原竜也、撮影中限界に達し禁断発言!「監督をぶっ殺したいんですけど」

藤原竜也、撮影中限界に達し禁断発言!「監督をぶっ殺したいんですけど」
過酷な撮影に追い詰められたことを明かした藤原竜也

 1日、映画『I'M FLASH!』初日舞台あいさつがテアトル新宿にて行われ、主演の藤原竜也、松田龍平、水原希子、仲野茂、永山絢斗、板尾創路、原田麻由、大楠道代、そして豊田利晃監督が登壇し、撮影を振り返った。

 豊田監督を慕い集結した個性派俳優たちが顔をそろえた舞台あいさつ。主演の藤原は「短い期間での過酷な撮影でしたが、格好いい、すてきな映画ができました。この作品がどうお客さんに伝わるかが楽しみ」とすがすがしい表情で語った。

 藤原が「過酷」と表現した撮影現場だったが、共演者の永山や板尾、原田は「楽しかった。夢のような時間だった」と述懐。タッグを組んだ松田は「藤原君とは初めてでしたが、自分が台本を読んで想像していた(藤原演じる)ルイとは違った演じ方をしていて、いろいろ影響を受けました」と振り返り、水原は「(豊田監督は)わたしには優しく接してくれて、のびのびと演技が出来ました」と爽やかな笑顔を見せた。

 しかし藤原自身はかなり追い詰められていたようで、藤原の母親を演じた大楠は「藤原君から『監督をぶっ殺したいんですけど』って相談されたので、監督の代わりは他にもいるから『やれば!』って言ったんです。でもその話をされてから、藤原君のこと大好きになりましたよ」と裏話を明かした。すると藤原は「結構限界で、心の叫びだったんですよ」と苦笑い。

 ただ、そんなことが言えるのも強い信頼関係で結ばれているからで、豊田監督は「僕と(藤原)竜也の企画に、素晴らしいキャスト、一流のスタッフ、野獣のようなミュージシャンがのってくれた。生と死を扱った作品ですが、エンターテインメントとして観ていただければ」と作品に込めた思いを語った。

 本作は『空中庭園』や『モンスターズクラブ』の豊田利晃監督が、藤原竜也を主演に迎え制作したオリジナル作品。ある事件をきっかけに、新興宗教のカリスマ教祖ルイ(藤原)の人生の歯車が、予期せぬ方向へと狂い始めるさまを描く。(磯部正和)

『I'M FLASH!』はテアトル新宿ほかにて全国公開中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 9月
  4. 1日
  5. 藤原竜也、撮影中限界に達し禁断発言!「監督をぶっ殺したいんですけど」