シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

ベネチア映画祭、日本勢は無冠!金獅子賞は韓国映画が初受賞!キム・ギドク監督『ピエタ』【第69回ベネチア国際映画祭】(1/2)

ベネチア映画祭、日本勢は無冠!金獅子賞は韓国映画が初受賞!キム・ギドク監督『ピエタ』
快挙を成し遂げたキム・ギドク監督 - Gareth Cattermole/ Getty Images Entertainment / Getty Images

 第69回ベネチア国際映画祭コンペティション部門など各賞の発表が、現地時間8日に行われた。最高賞の金獅子賞には、韓国のキム・ギドク監督『ピエタ / Pieta(原題)』が選ばれ、韓国映画初の受賞の快挙を達成。金獅子賞の盾をガッツポーズで受け取ったギドク監督は、さらに喜びを「アリラン」の歌で表現。ステージ上で熱唱して、会場から大拍手を受けていた。

 日本からはコンペティション部門に北野武監督『アウトレイジ ビヨンド』(10月6日公開)、第2コンペティションにあたるオリゾンティ部門に若松孝二監督『千年の愉楽』(2013年初春公開)が参加していたが受賞を逃した。

受賞結果は以下の通り。(取材・文:中山治美)

第69回ベネチア国際映画祭コンペティション部門受賞作品

●金獅子賞(優秀作品賞)
『ピエタ(原題) / Pieta』(韓国)
キム・ギドク監督

●銀獅子賞(優秀監督賞)
ポール・トーマス・アンダーソン監督
『ザ・マスター(原題) / The Master』(アメリカ)

●審査員特別賞
『パラダイス:フェイス(英題) / Paradise:Faith』(オーストリア、フランス、ドイツ)
ウルリヒ・ザイドル監督

●優秀男優賞
フィリップ・シーモア・ホフマン&ホアキン・フェニックス
『ザ・マスター(原題) / The Master』(アメリカ、ポール・トーマス・アンダーソン監督)

●優秀女優賞
ハダス・ヤロン
『フィル・ザ・ボイド(英題) / Fill the Void』(イスラエル)

●マルチェロ・マストロヤンニ賞(最優秀新人賞)
ファブリッツォ・ファルコ
『ドーマント・ビューティ(英題) / Dormant Beauty』(イタリア、フランス)、『エ・スタト・イル・フィリオ(原題) / E Stato Il Figlio』(イタリア・フランス)

●優秀脚本賞
オリヴィエ・アサイヤス監督
『サムシング・イン・ジ・エアー(英題) / Something In The Air』(フランス)

●優秀技術賞(撮影に対して)
ダニエーレ・チプリ
『エ・スタト・イル・フィリオ(原題) / E Stato Il Figlio』(イタリア・フランス、ダニエーレ・チプリ監督)

【オリゾンティ部門】

●オリゾンティ賞(最優秀作品賞)
ワン・ビン監督『スリー・シスターズ(英題) / Three Sisters』(フランス・香港)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 9月
  4. 9日
  5. ベネチア映画祭、日本勢は無冠!金獅子賞は韓国映画が初受賞!キム・ギドク監督『ピエタ』