シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

山田洋次監督の映画制作現場に初密着!デビューから51年で初めて明かされる巨匠の映画作りとは?

山田洋次監督の映画制作現場に初密着!デビューから51年で初めて明かされる巨匠の映画作りとは?
「81歳 山田洋次監督 映画をつくる」より-映画『東京家族』撮影現場

 17日、NHK総合にて、山田洋次監督の映画制作現場に密着した番組「81歳 山田洋次監督 映画をつくる」が放送されることが明らかになった。1961年に映画『二階の他人』で監督デビューした山田監督。映画監督として歩んできた51年間の中で、山田監督の映画制作現場に密着して撮影することが許されたのは、同番組が初めてだという。

 来年1月19日に小津安二郎監督の映画『東京物語』にオマージュを捧げた映画『東京家族』の公開を控える山田監督。同番組では、脚本作りから、役者がせりふを確認する本読み、撮影、編集作業と『東京家族』ができるまでに余すところなく密着。フリーター同然で舞台美術の仕事をする次男を演じた妻夫木聡、定職を持たない息子を心配する父親役で出演した橋爪功、震災ボランティアの現場で知り合った次男の恋人役を務めた蒼井優などに、セリフの意味を一つ一つ伝え、演技を引き出す山田監督の姿が収められた。

 『東京物語』へのオマージュと、2011年3月11日に発生した東日本大震災以降の日本を舞台にした物語を見事に絡ませた本作。「どこかで間違おうてしもうたんじゃこの国は」「このままじゃいけん」という父親の言葉、「5年先10年先はわからない、仕事もこの国も」という次男の言葉など、山田監督が映画『東京家族』に込めたメッセージは、同番組を観るとより一層観客の心に響くことだろう。映画監督デビューから51年、山田洋次監督の映画制作のすべてが、テレビで紹介される。(編集部・島村幸恵)

「81歳 山田洋次監督 映画をつくる」は9月17日(月・祝)午前9時05分から9時59分までNHK総合にて放送


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「柴又を盛り上げて」 山田洋次ミュージアム オープン from ローカルニュースの旅 (2012年12月18日 20時40分)
    映画「男はつらいよ」シリーズなどを撮影した山田洋次監督(81)の足跡をたどる「山田洋次ミュージアム」がオープンした15日、隣接する「葛飾柴又寅さん記念館」もリニューアルした。記念館の入館者数は減少傾向にあるが、ミュージアム新設で入館者の増加が期待される。 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 9月
  4. 11日
  5. 山田洋次監督の映画制作現場に初密着!デビューから51年で初めて明かされる巨匠の映画作りとは?