シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

ピューリッツァー賞を受賞した映画批評家ロジャー・エバートの自叙伝が映画化!スティーヴ・ジェームズが監督に!

ピューリッツァー賞を受賞した映画批評家ロジャー・エバートの自叙伝が映画化!スティーヴ・ジェームズが監督に!
自叙伝が映画化されることが決定! - 映画批評家ロジャー・エバート氏 - Frazer Harrison / Getty Images

 シカゴ・サンタイムズ紙で45年も批評家を務め、さらに映画批評家として初めてのピューリッツァー賞を受賞したロジャー・エバートを題材にした映画が製作されることが、Indiewireほか複数のメディアによって伝えられた。

 これは、ロジャー・エバートが執筆した自叙伝「ライフ・イットセルフ(原題) / Life Itself」の映画化権を、マーティン・スコセッシ、映画『ドラゴン・タトゥーの女』の脚本家スティーヴン・ザイリアン、そして映画『フープ・ドリームス』のスティーヴ・ジェームズの3人が獲得し、マーティン・スコセッシとスティーヴン・ザイリアンが製作総指揮を担当、スティーヴ・ジェームズがメガホンを取る予定のドキュメンタリー作品だ。

 今回の件についてロジャー・エバートは「突然、この依頼があったんだ。この原作に関して、彼らはアプローチの仕方について良いアイデアがあると語っている。『フープ・ドリームス』は、これまで制作された映画の中で、僕が最も好きなドキュメンタリーの一つで、この映画の制作に関して高い希望を持っている。僕の自叙伝がドキュメンタリー化されるとは全く考えていなかった。ただ、脚本も含め僕はあえてかかわらずにいるつもりだ」とコメントを残している。

 映画界から愛されてきた映画批評家ロジャー・エバートが、スティーヴ・ジェームズ監督の手でどのように描かれていくか楽しみだ。 (細木信宏/Nobuhiro Hosoki)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 9月
  4. 13日
  5. ピューリッツァー賞を受賞した映画批評家ロジャー・エバートの自叙伝が映画化!スティーヴ・ジェームズが監督に!