シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

リドリー・スコットによる3.11映像プロジェクト、東京国際映画祭の特別オープニング作品に決定

リドリー・スコットによる3.11映像プロジェクト、東京国際映画祭の特別オープニング作品に決定
2012年3月11日を紡いだドキュメンタリーがTIFFの特別オープニング作品に - (C) 2012 FUJI TELEVISION NETWORK,JAPAN IN A DAY FILMS LTD.

 YouTubeを通して投稿された映像を基に、東日本大震災からちょうど1年後の3月11日、世界中の人々がその日をどのように過ごしたかを紡いだドキュメンタリー『JAPAN IN A DAY [ジャパン イン ア デイ]』が、第25回東京国際映画祭の特別オープニング作品に決定した。

 日本を中心に、イギリス、アメリカ、フランス、ドイツなど各国から集まった、約8,000件、総計300時間にものぼる映像の数々。それらひとつひとつの瞬間をまとめ1本の映画にした本作が、東京国際映画祭(以下、TIFF)の特別オープニング作として、ワールド・プレミア上映される。

 製作総指揮に名を連ねるのは、『エイリアン』『プロメテウス』などのリドリー・スコット監督。「人々の物語、秘密、そして願いを捉えることによって、現在、地球に生きるということがどういうことなのかを、映画サイズのスナップショットとして作り上げることができました」と語るスコット監督は、同時に「日常生活や、願い、恐怖、そして日本の人々の夢を、とても具体的な瞬間に焦点を当てて描いています」とコメント。日本人が抱く思いを、しっかりと作品に反映させたことをうかがわせる。

 まさに現在の日本を捉えた、日本人にとって特別な一本といえる本作。各国から映画人が集うTIFFでの上映は、日本の今を世界に届けるための第一歩を踏み出す場といえるだろう。昨年同様、募金などを通した復興への取り組みを実施するTIFFでは、本作を「復興としての今が息づく、東京から世界へ発信すべき意義のある作品」としている(編集部・入倉功一)

第25回東京国際映画祭は10月20日~28日まで六本木ヒルズほかで開催
映画『JAPAN IN A DAY [ジャパン イン ア デイ]』は11月3日よりTOHOシネマズ 六本木ヒルズほか全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 9月
  4. 14日
  5. リドリー・スコットによる3.11映像プロジェクト、東京国際映画祭の特別オープニング作品に決定