シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

『プレシャス』のリー・ダニエルズ監督の新作『ザ・ペーパーボーイ』が上映!(1/2)

『プレシャス』のリー・ダニエルズ監督の新作『ザ・ペーパーボーイ』が上映!
(左から)デヴィッド・オイェロウォ、リー・ダニエルズ監督、ニコール・キッドマン

 現在開催されている第50回ニューヨーク映画祭(50th N.Y.F.F)に出品されている話題作『ザ・ペーパーボーイ(原題) / The Paparboy』について、映画『ムーラン・ルージュ』や『コールド マウンテン』などでおなじみのニコール・キッドマンが、リー・ダニエルズ監督、共演のデヴィッド・オイェロウォとともに語った。

 同作は、フロリダのマイアミに戻ってきた記者のウォード・ジャンセン(マシュー・マコノヒー)は、記者ヤードリー(デヴィッド・オイェロウォ)と弟ジャック(ザック・エフロン)とともに、白人保安官殺害事件の調査を開始する。彼らは、その犯人として逮捕され、死刑を言い渡されたヒラリー(ジョン・キューザック)と刑務所で接触するが、ヒラリーと文通する妖艶な女性シャーロット(ニコール・キッドマン)に惑わされ、事件の真相から徐々に遠ざかっていくというドラマ作品。監督は、映画『プレシャス』のリー・ダニエルズがメガホンを取っている。

 まず、リー・ダニエルズ監督は「最初は、ペドロ・アルモドバルが今作を監督する予定だったんだ」と明かした。10年間ペドロ監督が温めてきた作品を委ねられたそうだ。「僕は『プレシャス』以降、原作を読んでからずっと心に残っていたんだよ。原作と今作との違いは、デヴィッド・オイェロウォ演じるキャラクター、ヤードリーは、もともと原作では白人の設定だったが、僕はこの映画の撮影前にデヴィッドとマーティン・ルーサー・キング・Jrを描いた映画『セルマ(原題) / Selma』を描く予定だった。ところが(資金調達ができず)製作できなくなってしまった。ただ、その後も僕の頭の中は公民権運動でいっぱいになっていたため、この原作では白人であるヤードリーを黒人の設定に変えて、60年代の人種差別からの緊張感も映画内で描くことにしたんだ」と原作に忠実ではなく、さらにヤードリーというキャラクターは、リー監督自身も投影させていることを語った。

 デヴィッド・オイェロウォは、この映画の脚本を渡されたときには混乱したそうだ。「『セルマ(原題)』で、マーティン・ルーサー・キング・Jrを演じる予定だった僕は、およそ一年半掛けて準備していたんだ。ところが製作中止を言い渡されたときに、この映画の脚本が送られてきた。そのときは公民権運動を題材にした映画の後に、こんなセクシャルスリラー作品を、なぜリー監督は僕に依頼してくるのかと思ったよ(笑)。ただリー監督から、『実際に僕らがハリウッドで活躍しているときと、自宅(家族のもと)に帰ったときの顔は違うだろ。一体どのようなマスクをかぶって僕らは普段行動しているのか、気づかさせられることがあるんだ。そんな表面上のマスクをかぶっている人たちが、たくさん居たのが人種差別のあった60年代で、そんな60年代を描きたいんだよ』と告げられたことで、出演することを決めたんだ」とリー監督の熱意に引込まれたようだ。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 10月
  4. 7日
  5. 『プレシャス』のリー・ダニエルズ監督の新作『ザ・ペーパーボーイ』が上映!