シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

阿部寛が逃げる!大竹しのぶと元夫婦役で映像初共演!

阿部寛が逃げる!大竹しのぶと元夫婦役で映像初共演!
公開された華やかな新ビジュアル - (C) 2013「つやのよる」製作委員会

 行定勲監督最新作『つやのよる ある愛に関わった、女たちの物語』の6月下旬に千葉で行われた撮影の現場で、主演の阿部寛、大竹しのぶ、忽那汐里がそれぞれ作品について思いを語った。またこのたび、阿部を中心に据え、白い衣装を身にまとった女性キャスト(小泉今日子、野波麻帆、風吹ジュン、真木よう子、忽那、大竹)が両サイドに並ぶ同作の新ビジュアルも公開された。

 阿部と大竹、忽那の3人は元家族という間柄。松生(阿部)は艶という一人の女性を愛したために、早千子(大竹)と娘・麻千子(忽那)を捨て、駆け落ちする。作家・井上荒野の衝撃作を行定監督が映画化した本作は、愛に迷う大人たちがそれぞれの愛に生きる姿を描いた群像劇。公開された撮影シーンは、ガンに侵された艶の入院先を訪ねてくる早千子と麻千子が、偶然、松生に再会するシーン。

 過去に同じ事務所に所属し、本作の撮影前は同じ舞台に立っていた阿部と大竹だが、映像作品で共演するのは初めて。「共演っていっても、言葉は交わさないんですけどね(笑)」と大竹が言うように、麻千子が成長した自分の娘だと気付き、早千子の姿を確認した松生は猛ダッシュでその場から逃げる。繊細な感情が入り乱れる場面で、行定監督のOKが出るまで数回テイクが重ねられた。

 長回しや複数回のテイクが業界では有名な行定作品だが、三者共に覚悟して臨んだ様子。阿部は「松生を演じるにあたってノーメイクでいきたいと行定監督と話していて、今回はノーメイクで演じています」と気合十分。元夫婦を演じる大竹については「舞台の共演でコミュニケーションが取れて、距離感みたいなものができているので、今回元夫婦という役柄を演じていても、過去のつながりを自然と感じられます。それはすごく良かったなと思います」と手応えをのぞかせた。

 『遠くの空に消えた』『GO』でも行定監督作に出演している大竹は、「行定さんの作品でいつも思うのですが、日本映画の感覚とちょっと違う感じがします。画(え)もそうですけど、感覚的にも、わたしたちの親子関係にしても、何かちょっと不思議な感じがあります」と世界観を表現。「わたしが言うのも何なんですけど、とてもかわいらしい方」と大竹の印象を語った忽那は、「大人の話ですし、わたしの立場から理解しづらい面もすごく多い中で、感覚的なやりとりというのがすごく新鮮」と初めての行定作品にのめり込んでいる様子。彼らが熱演して完成させた元家族の切ないエピソードと全ぼうは、来年1月に明らかになる。(編集部・小松芙未)

映画『つやのよる ある愛に関わった、女たちの物語』は2013年1月26日より全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 10月
  4. 10日
  5. 阿部寛が逃げる!大竹しのぶと元夫婦役で映像初共演!