シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

東京ドラマアウォード5冠の「家政婦のミタ」脚本家、日本のドラマの可能性を熱弁!

東京ドラマアウォード5冠の「家政婦のミタ」脚本家、日本のドラマの可能性を熱弁!
喜びを分かち合う遊川和彦&長谷川博己

 22日、港区芝公園の東京プリンスホテルで「東京ドラマアウォード2012」授賞式が行われ、作品賞(連続ドラマ部門)、アジア賞、プロデュース賞、演出賞、助演男優賞の5冠を果たしたドラマ「家政婦のミタ」の関係者たちが感激を語った。

 作品の質の高さだけでなく、市場性、商業性にスポットを当てて、「世界に見せたい日本のドラマ」というコンセプトのもと、世界水準で海外に売れる可能性が高い優秀なドラマを表彰する同賞。「家政婦のミタ」は、常に無表情だが、頼まれた仕事は完璧にこなすスーパー家政婦の三田灯(松嶋菜々子)が、5人家族の阿須田家に派遣され、阿須田一家が次第に母親の死により失った絆を取り戻していく姿を描き出し、最高視聴率40%をたたき出すなど、近年まれに見る人気作となった。

 本ドラマの脚本を務めた遊川和彦は壇上に上がるや、感極まったのか涙を浮かべ、言葉を詰まらせた。しかし、すぐに気を取り直すと「とにかく、お客さんを喜ばせるとしか考えてないですから。今のお客さんはドラマをなめている。ああ、ここで泣かせるんだなとか、それで(視聴者が)満足していると思っているんだとか……。そうじゃないんだ! そういう展開になるとは思わなかっただろ! というような(脚本作りは、)お客さんとの闘いでしたね」と一気に熱くまくしたてた。そして最後に、会場のドラマ関係者に向けて「僕らは良い作品を作れる力があると思うし、思っているよりも可能性があると思ってやっている。もちろん批判も多いですけど、とにかく頑張って作っていけば思いはいつか伝わるし。みんな頑張れば(いいドラマが)作れますよ!」と熱く呼び掛けた。(取材・文:壬生智裕)


【関連情報】
キーワード

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 10月
  4. 22日
  5. 東京ドラマアウォード5冠の「家政婦のミタ」脚本家、日本のドラマの可能性を熱弁!