シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

おもちゃの楽器を演奏するバンドを描いた話題の新作、撮影日数は18日でも音楽は本格派!(1/2)

おもちゃの楽器を演奏するバンドを描いた話題の新作、撮影日数は18日でも音楽は本格派!
(左から)マイケル・ウェストン、ライアン・オーナン

 おもちゃの楽器を演奏するバンドを描いた話題の新作『ブルックリン・ブラザーズ・ビート・ザ・ベスト(原題)/ Brooklyn Brothers Beat the Best』について、主演の二人、ライアン・オーナンとマイケル・ウェストンが語った。

 同作は、彼女に振られ、バンド仲間から首にされたアレックス(ライアン・オーナン)は、ある日風変わりな男ジム(マイケル・ウェストン)から、バンドを結成しないかと突如アプローチを掛けられた。アレックスは、いったんはバンドを結成するものの、ジムが演奏する楽器は子ども用のおもちゃの楽器だったため、不安にかられ始める。だが、そんな型にはまっていないジムに徐々に惹かれたアレックスは、アマチュアバンドの大きな大会を目指してジムとともにロードトリップに行くことを決意するというコメディ調のドラマ作品。本作でライアン・オーナンは主演だけでなく、脚本兼監督も務めている。

 ライアン・オーナンは「他の職業(映画)にトライする前から、長い間僕はミュージシャンだったんだ。しかも、バンク系のインディーズバンドで、アメリカ国内をツアーしたこともあったんだ」と語ると、マイケルは「僕はミュージシャンだったことはないが、祖父は偉大なピアニストのアルトゥール・ルービンシュタインで、子どものころから音楽に親しんできたんだ。けれど、子どものころはピアノのレッスンを受けたことがなかったから、この映画のために、ステファニーという女性からピアノレッスンを受けることになった。でも、レッスンを受けている間は、できる限り彼女と話して、たいして演奏しないようにしていたよ……(笑)」と明かした。それでも、家庭環境が良かったのか、マイケルはおもちゃの楽器を使った見事な演奏を披露している。

 映画は、ジムとアレックスの二人の関係が興味深いことについて、マイケルは「実は脚本に書かれた台詞が、クレイジーでキツい言葉が多かったために、そんな言葉を発するジム役を探すことには苦労したんだ。このジムというキャラクターは、どんなに彼がクレイジーで無秩序な状態にあっても、そのカリスマ性がもたらす自然さから、人々に(ジムのことを)いとおしく思わせてしまうんだ」と語ると、一方でマイケルは「映画内で、ライアンを(僕の行為で)クレイジーにさせてしまうことは、僕の人生の中でも最も楽しい日々だった(笑ジョーク)。ただ、彼からは(仕返しに)おもちゃの楽器を強制的に練習させられたけれどね(笑)」と語った通り、二人の息の合った凸凹コンビが痛快な作品になっている。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 10月
  4. 28日
  5. おもちゃの楽器を演奏するバンドを描いた話題の新作、撮影日数は18日でも音楽は本格派!