シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

傷心のジャスティン・ビーバー 愛車のフェラーリで違反切符を切られる

傷心のジャスティン・ビーバー 愛車のフェラーリで違反切符を切られる
傷心のジャスティン・ビーバー

 セレーナ・ゴメスにふられたばかりのジャスティン・ビーバーが、無理な左折をしたところを警察に目撃され、停止を求められたという。

 乱暴な左折は注意だけで済んだかもしれないが、ジャスティンが免許証と車両登録証を提示したところ、彼のフェラーリの車両登録証の有効期限が切れていることが発覚。無理な左折については見逃してもらったものの、車両登録証の失効で違反切符を切られてしまったとTMZ.comは報じている。しかし、これまでもスピード違反などで捕まっているジャスティンは慣れっこなようで、パトカーの写真をInstagramにアップし、まったく気にしていない様子だ。

 一方、セレーナとの破局報道の中で、ジャスティンが2度プロポーズを断られていたとのうわさが浮上している。「周囲は、2度のプロポーズについては絶対に口にしないことで合意していました。セレーナのレベルのスターがジャスティンほどの大スターのプロポーズを断ったことが知れたら、彼の評判は台無しになってしまいますからね」と情報筋はPerezHilton.comにコメント。

 しかし、ゴシップの真相を探るGossipCop.comは、この報道を完全な作り話だと否定し、セレーナがジャスティンを振った理由は、彼があまりにも愛情を求め過ぎるからだと報じている。(BANG Media International)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 11月
  4. 19日
  5. 傷心のジャスティン・ビーバー 愛車のフェラーリで違反切符を切られる